英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

アルクを通して「小学校英語指導者資格(J-SHINE)」を取得された皆様へ

お知らせ

アルクを通して「小学校英語指導者資格」を取得された方で、資格取得後にお名前・ご住所・電話番号・メールアドレスなどを変更された方は、アルクJ-SHINE係にご連絡ください。J-SHINE事務局へはホームページの変更フォームより変更手続きを行ってください。
変更手続きの連絡先は以下のとおりです。

◇(株)アルク 教育ソリューション部 アルクJ-SHINE係
E-mail:alc-jshine@alc.co.jp

◇特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE事務局)
変更フォーム:http://www.j-shine.org/henkou.html
E-mail: support@j-shine.org

「小学校英語指導者資格」の有効期限は認定日より4年間です。更新をご希望される方は、有効期限の1カ月前にご自宅に郵送で届く更新書類にて、更新手続きを行ってください。

▼資格の更新について(J-SHINE事務局のサイトにリンクします)
http://www.j-shine.org/koushin.html

「小学校英語準認定指導者資格」取得後に、指導時間が50時間を超えて準認定から正認定に切り替える際は、これまでアルクが申請窓口となっていましたが、2017年11月よりJ-SHINE事務局が窓口となりました。 正認定への書き換えを希望される方は、J-SHINE事務局にて資格変更の手続きを行ってください。

▼資格の切替について
【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE事務局)
E-mail: support@j-shine.org

お役立ち情報リンク集

J-SHINE事務局のホームページでは、全国の教育委員会からの求人情報を確認できます。
詳しくは下記サイトをご確認ください。

「教育委員会からのお知らせ」掲載情報(J-SHINE事務局のサイトにリンクします)

平成29年3月に「新小学校学習指導要領」が公示され、2020年度から小学校の中学年(3、4年生)に外国語活動(英語活動)、高学年(5、6年生)に外国語科(英語)が導入されることとなりました。
下記に文部科学省より発表されている資料を、参考までにご紹介いたします。

▼新学習指導要領(平成29年3月公示)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1383986.htm

▼小学校外国語活動・外国語研修ガイドブック
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1387503.htm

ぜひ、今後の活動にお役立てください。

アルクでは、子どもに英語を教える先生のスキルアップに役立つコンテンツが満載のメールマガジン「子ども英語先生マガジン」を月1回配信しています(無料)。ご希望の方は、下記サイトよりお申し込みください。

▼「子ども英語先生マガジン」の詳細・配信登録はこちらから
>> https://www.alc.co.jp/kid/article/mmg/

※J-SHINE資格を取得された方にお送りしておりました「J-SHINE NEWSメールマガジン」は、2018年10月配信号より「子ども英語先生マガジン」と統合いたしました。引き続き「子ども英語先生マガジン」にて、児童英語教育にまつわる実践的で有益な情報をお届けしていきますので、ぜひご購読ください。

J-SHINEについて

小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)は、「小学校での英語教育の普及・発展を支援する」という趣旨のもと、民間主導で設立された英語教育指導者の資格認定を行うNPOです。J-SHINEに認定された登録団体で、児童英語教育の講座を修了すると「小学校英語指導者資格(J-SHINE資格)」を取得できます。

アルクも登録団体の1つであり、通信講座『アルク児童英語教師養成コース』『DVD版小学校英語指導者資格取得研修講座』、または2日間の『小学校英語指導者資格取得研修講座』を受講し、「小学校英語準認定指導者」資格取得を目指すことができます。また、準認定資格の取得後に、英語教室や小学校などで幼児・小学生を対象とした「通算50時間以上」の英語の指導経験を積むと「小学校英語指導者資格」への書き換えが可能となります)。詳細はこちらをご覧ください。

①「小学校英語準認定指導者」資格
「小学校英語指導者」資格を付与するには指導経験時間が不足しているが、指導者としての知識などについて一定の技能と知識を有していると認定するもの。取得後、指導時間が50時間を越えた段階で「小学校英語指導者」の正資格に書き換えることができます。

②「小学校英語指導者」資格
小学校での英語活動・英語教育を行う上で必要な知識と技能を有し、児童英語教育指導者として十分な能力を有すると認めたもので、すべての基本となる資格です。

③「小学校英語指導者+(プラス)」資格 ※2018年度より導入の新資格
小学校での英語活動・英語教育を行う上で必要な知識と技能を有し、50時間以上の指導経験とCEFR B2*以上を有する資格。

④「小学校英語上級指導者」資格
「小学校英語指導者」資格を取得後、小学校での指導時間が200時間を超え、小学校長もしくは教育委員会から推薦を受け、優れた指導者としてJ-SHINEが認めたもの。 通常の指導者資格と上級資格をあわせて所持する必要はありません。

⑤「小学校英語上級指導者プラス(プラス)」資格 ※2018年度より導入の新資格
「小学校英語指導者準資格」もしくは「小学校英語指導者資格」を取得後、小学校での指導時間が200時間を超えて小学校長もしくは教育委員会から推薦を受け、且つ英語力がCEFR B2*以上を有する資格。

⑥「小学校英語指導者育成トレーナー」
「英語指導者育成講座を企画立案し、指導者を指導する者」としての知識・技能などの能力を備えていることを認定する資格。J-SHINEが主催する資格検定の試験に合格することで資格が付与されます。 通常の指導者資格や上級資格とあわせて所持する必要はありません。

*CEFR とは?
Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment(ヨーロッパ言語共通参照枠)。語学の習熟度をA1, A2, B1, B2, C1, C2の6レベルに分けて評価する。

資格申請は「新規認定時」「資格更新時」「申請切替時」のいずれかに受付。③「小学校英語指導者+(プラス)」資格と⑤「小学校英語上級指導者+(プラス)」資格の申請は、英語力の成績証明書の提出(CEFR証明)が求められます。CEFRの証明については、こちらをご覧ください。

※「新規認定時」に取得できるのは①~③のみです。④~⑤は「資格更新時」「申請切替時」のいずれかに取得可能です。

アルクKiddy CAT英語教室 わたしが輝ける場所、子どもたちの未来を広げる場所

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報 [12/7 更新]

  • HAPPYクリスマス2018
  • 資格取得応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語教育 知っておきたい厳選ワード
  • スピーキングの質問箱
  • 英語学習アドバイザーのdos & don'ts
  • アルクplus
  • おすすめ絵本&アクティビティ
  • 英語学習アドバイザーの基礎知識

ページ先頭へ