英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

子どもの英語教育 今だから知っておきたい厳選ワード

今だから知っておきたい厳選ワード

よく耳にするけれど、保護者に質問されてもきちんと説明できないかも......と思うような児童英語や小学校英語に関する用語はありませんか?
ここでは、上智大学短期大学部英語科准教授で、J-SHINEの理事でもある狩野晶子先生に、「知っておきたい」ワードを選んで解説していただきます。
英語教育の理解をより深めていただけること間違いなし! ぜひご一読ください。


厳選ワード(3)フォニックスとは(音と文字のつながり)  2019/4/3 UP!


小学校英語に文字指導や読み書きが入ってくることとなりました。ならば音と文字のつながりを「フォニックス」を通して教えてはどうか、とのお声も聞きます。フォニックスとはなんでしょうか? 英語の音と文字のつながりを、順序立てたルールに沿って学ぶやり方をフォニックスと言います。
例えば p の文字が [p] の音を持ち、i の文字が [i]、g の文字は [g] の音をそれぞれ表していると知ることで、[pig] という音と pig というつづりを結びつけることができます。また、pigという単語を見て、「この単語は [p] [i] [g] の音を組み合わせた [pig] という発音だ」とわかることができます。

2018年から使われ始めた新教材『Let's Try!』と『We Can!』には、「ジングル」として a なら apple と ant、のようにしてアルファベット26文字と、それぞれの文字で始まることばが示され対応する音声教材が用意されています。子どもたちは音声とともに文字の形や単語に何回も慣れ親しむことで、「あ、p の文字から始まることばって [p] って音で言うんだな」と、音と文字のつながりに緩やかに気づきます。
このように小学校英語では、まずはアルファベットごとに「音」を持っていることに気づかせ、それぞれの音を英語の音としてしっかり認識し、実際にたくさん聞いてみたり言ってみたりする活動を大切にしています。

個々のアルファベットの持つ音を知るだけではなく、英語と日本語とは音の最小単位が違うことに気づかせることは、英語らしいの音声指導への大きな第一歩です。日本語の文字と音は「ぱ」のように1文字1音が最小単位のセットです。しかし、これを英語の音の単位で考えると、「ぱ [pa]」なら「子音足す母音」[p] と [a] が合わさって2文字2音です。英語ではp [p] は1つの文字、1つの音として扱います。
その違いに気づき、[p] の音を英語の音と意識することで、cap や jump の終わりの音をプ(=[pu])ではなく [p] と、英語らしく発音することができるようになります。

フォニックスには、メソッドによって違いはありますが、おおむね80を超えるルールがあります。それを英語圏の子どもたちはたくさんの言葉のシャワーを浴びながら、何年もかけて、じんわりと、じっくりと、言葉の音声と意味とを結びつけていきます。
音ですでに知っていて、子どもにとって意味を持つ言葉に「文字」をあとからつなげることで、「音」と「意味」と「文字」の結びつきがしっかりできあがっていきます。そこに、その結びつけ方を整理するルールが「フォニックス」として入ることで、体験と知識とがしっかり結びついた学びとなるのです。
単にルールだけを教えれば完了ではない点に、指導者は十分留意すべきでしょう。しかも、英語にはフォニックスのルールでカバーしきれない語いもたくさんあります。指導に当たる際には、ルールが万能ではないこともしっかり認識し、丁寧に文字と音のつながりを「育てて」いく意識が求められます。

【参考となるサイト】
1) https://www.mpi-j.co.jp/store/phonics/
2) https://kayokoyamashita.com/synthetic_phonics/synthetic_first



バックナンバーはこちら
厳選ワード(1) 「学習指導要領」
厳選ワード(2) 『Let's Try!』と『We Can!』

※バックナンバーは隔月で更新の予定です。

著者プロフィール


狩野 晶子先生狩野 晶子
上智大学短期大学部英語科准教授
小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)理事、指導者育成トレーナー、トレーナー検定委員。英語授業研究学会理事、関東支部事務局長。児童英語教育学会(JASTEC)関東支部運営委員。
専門は第二言語習得、早期英語教育。近年はとくに児童英語、小学校英語の分野での実践、研究を進め小学校での英語指導、実践研修に携わる。英語教育に関する著書に加え文部科学省検定教科書や辞書、教材など多数執筆。
近著:『小学校英語教科化への対応と実践プラン』(共著・吉田研作編)(教育開発研究所2017)、『新学習指導要領の展開 外国語活動編』(共著・吉田研作編)(明治図書2017)、『新学習指導要領の展開 外国語編』(共著・吉田研作編)(明治図書2017)。

  • アルク教育ソリューションEXPO

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報 [4/10 更新]

  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 海外研修・実習
  • 子どもの英語教育 知っておきたい厳選ワード
  • スピーキングの質問箱
  • 英語学習アドバイザーのdos & don'ts
  • アルクplus
  • おすすめ絵本&アクティビティ

ページ先頭へ