英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

子どもの英語教育 今だから知っておきたい厳選ワード

今だから知っておきたい厳選ワード

よく耳にするけれど、保護者に質問されてもきちんと説明できないかも......と思うような児童英語や小学校英語に関する用語はありませんか?
ここでは、上智大学短期大学部英語科准教授で、J-SHINEの理事でもある狩野晶子先生に、「知っておきたい」ワードを選んで解説していただきます。
英語教育の理解をより深めていただけること間違いなし! ぜひご一読ください。


厳選ワード(4)CLILと他教科連携  2019/6/5 UP!


ここ数年、小学校英語に関わる中で耳にすることが多くなった「CLIL(クリル)」とは、Content and Language Integrated Learning(内容言語統合型学習)の頭文字から来ています。学びたいテーマや教科などの「内容」と学びたい「言語」とを、個別のものとして切り離すのではなく統合して学ぼうという考え方です。そして他教科連携は、担任の先生が幅広く多くの教科を扱う小学校ならではの学びの特性を活かして、ほかの教科で学んだ内容を外国語(英語)の学習と関連付けたり、他教科の学びの中に英語を取り入れていこうというものです。

CLILの理念のベースとなるのが「4つのC」です。Content(教科などの内容)、Communication(伝え合うための知識や技能)、Cognition(気づきや考えを深める)、CommunityもしくはCulture(共に学び、互いの文化への理解を育てる)。これらの4つのCは、小学校での学びが目指すものと合致します。

しかし、日本での実践には難しさもあります。学習における「内容」と「言語」のバランスをどうとるか、そして誰が指導するのか。指導者には、教える内容を熟知し、それをわかりやすい英語で伝える言語力を持つことが求められます。しっかり内容に踏み込んで活動を広げていくためには、下調べや教材を揃えるなどの入念な準備も必要になります。

小学校では教科内容と子どもたちのことをよく知っている担任の先生方が、英語のエキスパートである日本人指導員やALTと協働することでの効果が期待されます。担任の先生と日本人指導員でのティームティーチングで、複数の指導者がそれぞれの強みを生かした優れた実践例もたくさんあります。。

気を付けないといけないのは、考えさせる深い活動ほど、英語になると「難しく感じる」ということ。例えば英語で掛け算の4の段の答えを4、8、12、16、と...40まで言ってみましょう。すらすらと言えますか?  計算と英語と、両方をいっぺんに処理しようとするのは大変です。同じ「内容」を母語(日本語)で考える時と、外国語(英語)の時では感じる大変さ、頭の中での負荷が違うのだということを意識しておきましょう。

ヨーロッパから広がったCLILは幅広い取り組みを含めた包括的な考え方として多様な実践例があり、内容と言語のバランスの取れた豊かな学びをもたらすことがこれまでの研究から示されています。そして小学校ならではの、英語と他教科を結ぶ付ける教科横断的な学びは、より深い主体的な学びへとつながっていく可能性に満ちています。このような新しい形の学びの今後の広がりに注目してゆきましょう。

【参考となるサイト】
1)What is CLIL?(CLIL Japan Primaryのホームページより)http://primary.cliljapan.org/what-is-clil/
2)CLILとは(日本CLIL教育学会のホームページより)https://www.j-clil.com/clil




著者プロフィール


狩野 晶子先生狩野 晶子
上智大学短期大学部英語科准教授
小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)理事、指導者育成トレーナー、トレーナー検定委員。英語授業研究学会理事、関東支部事務局長。児童英語教育学会(JASTEC)関東支部運営委員。
専門は第二言語習得、早期英語教育。近年はとくに児童英語、小学校英語の分野での実践、研究を進め小学校での英語指導、実践研修に携わる。英語教育に関する著書に加え文部科学省検定教科書や辞書、教材など多数執筆。
近著:『小学校英語教科化への対応と実践プラン』(共著・吉田研作編)(教育開発研究所2017)、『新学習指導要領の展開 外国語活動編』(共著・吉田研作編)(明治図書2017)、『新学習指導要領の展開 外国語編』(共著・吉田研作編)(明治図書2017)。

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 海外研修・実習
  • 子どもの英語教育 知っておきたい厳選ワード
  • スピーキングの質問箱
  • 英語学習アドバイザーのdos & don'ts
  • アルクplus
  • おすすめ絵本&アクティビティ

ページ先頭へ