英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  

家にあるものを使ったカルタ遊び

執筆 池田 真紀子(ベスティ子ども英語教室主宰

イメージ
2020/5/1up

今月は、教材や教具がなくても、自宅にあるものを使って楽しむことができるアクティビティをご紹介します。教室や小学校で行うだけに留まらず、ぜひ親子や兄弟で楽しみながら英語に触れてみてはいかがでしょうか。

●対象年齢:制限なし
●人数:制限なし
●用意するもの:
・自宅にある文房具
・衣類などのアイテム
・星マーク、ハートマーク、プレゼントマークなどの描かれたカード
・何も書かれていないカード


単語例:
文房具: pen / pencil / pencil case / eraser / ruler / stapler
身のまわりのもの: bag / box / watch / towel / book
衣服: hat / cap / scarf / T-shirt / sock / pants
玩具: ball / staffed animal / toy car / racket


フレーズ例:
T : Let's spread these items on the floor. Ss: OK.
T : Can you find a bag?
S1: Yes, here.
(アイテムを取って)
T : What's this?
Ss: It's a bag.


●アクティビティ
進め方 イメージ

身のまわりにある小物を集め、ゲームを始める前にアイテムを1つずつ指さしながら、英語の読み方を確認しておきましょう。
カルタのカードの代わりに、実際のアイテムを使って行います。


【1】カードを広げ、アイテムの下にあらかじめ裏返して置いておく。

イメージ T : Let's spread these cards face down on the floor.
Ss: OK.
T : Then, put these items on each card.
Ss: Sure.
T : Are you ready to start?
Ss: Yes!


イメージ 【2】先生はアイテム名を読み上げ、アイテムを手にした子どもに、下にあるカードを取るように促す。
このとき、それぞれのカードを取った場合のルールはあらかじめ考えておく。
(例:星マーク→ボーナスポイント1点、ハートマーク→ボーナスポイント2点、プレゼントマーク→指名した人からアイテムを1つもらえる)
何も書かれていないカードや絵の描かれたカードも混ぜることで、カードを確認するときのドキドキ感が演出できます。

T : Can you find a pencil case?
S1: Yes, here.
T : What's this?
Ss: It's a pencil case.
T : Can you take the card under the pencil case, S1?
S1: It's a present.
T : You can ask someone to give you one item.
S1: Can you give me a ball, S2?
S2:Here you are.


【3】 最後に、持っているアイテムの数とボーナスポイントを足して、点数計算をする。
このとき、それぞれのカードを取った場合のルールはあらかじめ考えておく。

T : How many items do you have?
S1: I have 6 items.
S2: I have 9 items.
T : How many bonus points do you have?
S1: I have 6 points.
S2: I have 2 points.
T : S1, you have 12 points. S2, you have 11 points.


★アレンジ1:数字カードを使って
アイテムの下に、数字を書いたカード、またはトランプを裏返しにしてあらかじめ置いておく。
アクティビティの進め方は基本的に同じだが、手にしたアイテムの下の数字カードが得点となる。
絵カードや数字カードを使うと、子ども一人一人の能力差だけで勝利が決まらず、運の要素が加わり、レベル差のある子どもどうしでも一緒に楽しむことができる。

★アレンジ2:文字カードを使って
※文字を読むことができるレベルの子どもが対象
アイテムを読み上げるのではなく、アイテム名の文字カードを用意しておき、各自が文字を読んで該当するアイテムを選ぶ。例えば、pencilと書かれたカードのお題を見て、鉛筆を探す。

★アレンジ3:オリジナル絵カードでカルタ取り
全員で自由に絵を描き、それをカードの代わりにしてカルタ取りをする。

●アドバイス
Put your hands on your head. / Put your hands on your knees. のように、カルタを行うときに、手の位置をあらかじめ決めておくと、トラブルになりづらいでしょう。
・低年齢の子と一緒に行う際は、鉛筆など先がとがったものは使わないように注意を払いましょう。
・アイテムを選んだ際に強くたたかないようにあらかじめ注意を促し、たたいたら壊れてしまうアイテムは極力避けましょう。
・ジャンルを決めて、「今日は文房具の日」「今日は衣服の日」のように取り組んでもいいでしょう。または、ジャンル問わずに各自が好きなアイテムを持ち寄り、それを床の上に広げて行っても楽しいです。





アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • English Journal Online
  • アルク語学教育研究支援制度
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 授業×家庭学習で生徒の力を伸ばす秘訣
  • Mr. Evineの使える英文法指導
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ

ページ先頭へ