英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

Halloween Activities

執筆 池田 真紀子(ベスティ子ども英語教室主宰

イメージ


10月といえばハロウィーン!
ハロウィーンの特別なレッスンやパーティーなどを行うと、既習のフレーズなどを楽しく復習できる良い機会になります。普段使っているアイテムに少し工夫を加えるだけで、グンとハロウィーンの気分が盛り上がります。

●対象年齢:未就学児~小学生
●人数:制限なし
●用意するもの:
【Activity1】
・jack-o' lanternの絵が描かれたボード(目、鼻、口の部分はあらかじめ切り抜いておく)
・ハロウィーンの単語の絵カード(単数のもの、複数のもの)
イメージ 【Activity2】
・色紙で作ったクモ
・ハロウィーンの単語の絵カード
・クモの巣の絵(床に黒のマスキングテープやゴムテープを使って、クモの巣を描いておく)

色紙で作ったクモの目は平らなシールを使ったり、描いたりしても問題ありませんが、写真のようなシールを使うことでバランスが取れ、上手に投げることができるでしょう。普通のシールの場合、コマがひっくり返ってしまうことがあるので、何かしら重みになるものをつけるなど調整してみるといいでしょう。投げる時に、ブーメランを投げるような要領で投げると投げやすいです。


[導入]

イメージ アクティビティを始める前に、ハロウィーンの単語やアクティビティで使用するフレーズを練習しておきましょう。
学習歴や人数に応じて、難易度や内容を調整しましょう。

単語例:
black cat / bat / mummy / skeleton / spider / ghost / jack-o'-lantern など

フレーズ例:
イメージ What's this? It's a ... .
What are these? They are ... .
What do you see? I see ... .
What do you want? I want ... .
What did you get? I got ... .
How many ... do you see?



Activity 1:何が隠れているかな?

イメージ ★進め方
【1】jack-o' lanternのボードの裏側に絵カードを隠し、少しずつ穴から見えるように動かす。子どもたちは何の絵がかくれているかを推測して答える。

T: What's this?
S: It's a bat.


【2】少し難易度をあげる。絵が複数描かれた絵カードを使って同様に行う。または質問の仕方を変えて行う。子どもたちは単数・複数の区別を理解し、I see a bat. / I see bats. などと答え方を使い分ける必要がある。

T: What are these?
S: They are bats.

または、
T: What do you see?
S: I see a bat.


【3】さらに難易度をあげる。複数描かれたカードを使用した際に、以下の質問を加える。

T: How many bats do you see?
S: I see three bats.

または、
T: How many bats are there?
S: There are three bats.


Activity 2:Spider Webゲーム

イメージ ★進め方
【1】床に描かれたクモの巣の上に、絵カードをランダムにばらまく。子どもは順番に並び、1人ずつ色紙のクモを投げて、命中した絵カードについて質問に答える。

T: What do you have?
S: I have a black cat.


※人数が多い場合は、答える順番を待つ時間が長くなるため、プレイヤーに対して、全員で What do you have? と聞くようにしましょう。質問と応答の両方のフレーズを練習することができます。

【2】ゲームに慣れてきたら、先生がプレーヤーに「何がほしいか」を先に質問し、それに答えてからそのカードを狙うという進め方にする。

T: What do you want?
S: I want a black cat.


【3】少し難易度をあげる。過去形をすでに学んでいるクラスであれば、過去形を使ったフレーズで行う。

T: What did you get?
S: I got a black cat.


★バリエーション
イメージ ●時間に余裕があれば、クモをクラフトとして作ることからアクティビティにしてもいいでしょう。一定の年齢以上のクラスであれば、実はクモの目は2個だけではなく、種類によっては8個も目を持っているクモがいることなどを写真や画像を見せながら紹介しても面白いです。8個の目をつけたい生徒には8個までつけて良いこととし、自分のクモが完成した後で自分の作品を見せながら My spider has eight eyes. など、紹介させることもできます。

T: Look! What's this?(サンプルを見せながら)
S: It's a spider.
T: Yes, it's a spider. Let's make a spider. How many legs does a spider have?
S: Eight.
T: That's right. Let's make eight legs, first.


●クモの巣に置かれた絵カードに得点をつけると盛り上がります。中心にあるほど高得点とするといいでしょう。

●生徒数が多い場合は、チーム対抗としてチーム数だけクモを用意しておき、チームごとに一斉に投げるようにすると、時間が節約できます。






アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • J-SHINE資格
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス

ページ先頭へ