英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

感覚表現(味覚)

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

感覚表現(味覚)


対象年齢 幼児~小学生
人数 制限なし
幼児には難易度を調整しておこないます。

身近にある素材を使って感覚機能を英語で学びます。
今回は味覚形容詞を扱います。アクティビティは、味覚をテーマにしていますが、嗅覚や視覚で味の感覚をあてさせるなどして子どもたちの好奇心をくすぐります。


味覚に関係ある形容詞の準備:まず授業で扱う形容詞を決めます。
  形容詞例:salty, bitter, hot, sweet, spicy

導入の際は、その味が連想できる絵や写真(例:sour→レモン) を見せながらおこなえば十分ですが、可能な環境であれば、実物を用意し実際に味見して覚えさせると、子どもたちがより興味をもち効果的です。
   
高学年は、大人にほぼ近い感覚で味覚がわかりますが、幼児や低学年の場合、まだ経験したことのない味や、利き分けの困難な味もありますので、子どもがなれている味覚の形容詞を選ぶ必要があるでしょう。
   
Q&A口頭練習
  単語をおぼえたところで今度は既習の表現にのせてQ&Aのやりとりを練習します。

◇Q&A例:Is it ...? に対するこたえ方
(Yes, it is. No, it isn't.)の練習


T: What's this?
(先生はキャンディーなど甘さをイメージできる写真を見せる)
   
Ss: It's a candy.
   
T: Is it salty?
   
Ss: No, it isn't. It's sweet.


◇質問例:How does it taste? / What does it taste like? などに対し、
 答えを自分で導き出す練習です。


T: How does it taste?
   
T: It tastes salty.

How does it taste? の質問は、語尾に "like" が付かないので
注意しましょう。
   
Guessing Game
  生徒に目隠しをさせ、対象物の味見をさせて味覚形容詞をいわせるゲームです。何を味見したかも当てさせると楽しいですね。
T: S1, I'm going to blindfold you ...
Now, I'll give you something to taste and you say how it tastes.
   
S1: It tastes sweet. It's apple juice.
   
T: You're right!

バリエーション
1:生徒に、鼻をつまんで味見をさせます(難しいですね)。
2:味見はさせず、においをかがせて当てさせます。

味見をさせる場合、つまようじを使用するなど衛生上の配慮をします。
   
発展アクティビティ: Three Hints
  3つのヒントを言い、それが何か当てさせるゲームです。

T: It's a fruit. It's sour. It's yellow. What is it?
   
Ss: Is it a lemon?
   
T: Yes, it is.



Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報【2020/1/14up】

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ