英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

職業の言い方をおぼえよう!

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

イメージ


職業の言い方をおぼえ、既習あるいは新規の表現にのせて会話のやりとりをします。


●対象年齢:小学生
●人数:制限なし
●用意するもの:導入する職業名の絵カード または 写真


●職業の名前●
子どもたちにとって身近な職業、人気の職業などを選びます。どんな職業名をおぼえたいか生徒に聞いてみるのもいいですね。

単語例: firefighter / lawyer / doctor / astronaut / engineer / florist / graphic designer / police officer など

趣向を変えて、以下のような職業も入れてみると楽しいでしょう。

単語例: model / spy / aromatherapist / singer / stylist / fashion designer など

高学年でengineerに興味のある生徒には、software engineer, computer engineer, computer programmerなど、詳しい言い方を教えてあげると幅がひろがります。



口頭練習:I want to be a/an... .(なりたい職業の言い方の練習)

覚えた職業名を、"I want to be a/an... ." 「~になりたい」の表現にのせて言う練習をします。
上記の「職業の名前」の絵カードや写真を使っておこないましょう。


T : What do you want to be?
(将来なりたい職業はなんですか?)
S : お医者さん!
T : I want to be a... .(医者のカードを指差しながら)
Ss: A doctor.
T : I want to be a doctor.
Ss: I want to be a doctor.
T : What do you want to be?
(花屋のカードを指さしながら)
Ss: I want to be a florist.



カードアクティビティ

●進め方
1.職業の絵カードを裏返しにして山積みにして置き、生徒は周りに輪になって座ります。

イメージ 2.じゃんけんで順番を決め、最初の生徒に全員で "What do you want to be?" と質問します。

3.質問された生徒は、自分のなりたい職業を考え、"I want to be a police officer." などとこたえます。

4.こたえた後、その生徒は山積みのカードのいちばん上のカードをめくります。めくったカードが自分のこたえた職業と一致していたら、そのカードをもらうことができます。

5.カードが一致した場合でも、一致しなかった場合でも、回答権は次の生徒に移ります。

6.ゲームはカードがなくなった時点で終了とします。最後に一番多くカードを持っていた生徒が勝ちとなります。

こたえた職業とめくったカードが一致しなかった場合、めくったカードは山積みにしたカードの一番下に戻します。
こたえた職業とカードが一致した場合、次の回答からは違う職業をこたえるよう、生徒にはあらかじめ説明してください。


三人称単数を使った文の練習

She is a police officer. / He is a firefighter.
hesheの概念をしっかり身につけさせます。

<バリエーション1>
先生は、カードやイラストを指差して、"What is she / he?" と質問し、生徒はこたえます。

イメージ T : What is he?
Ss: He is a doctor.


<バリエーション2>
Yes, Noでこたえる練習をします。

T : Is he a firefighter?(イラストを指差して)
Ss: Yes, he is.

T : Is she an engineer?
Ss: No, she isn't. She is a police officer.


上記のバリエーションを、最初は先生から生徒全員(T→Ss)で口頭練習をおこないます。
慣れてきたら生徒全員から先生に質問させ(Ss→T)、今度は生徒を2つのグループに分けて同様におこない(G⇔G)、最後はペア同士で口頭練習をさせます(S⇔S)。






アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • J-SHINE資格
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス

ページ先頭へ