英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

数を使ったアクティビティ

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

イメージ

学習した数を使ったアクティビティを紹介します。
どの年齢でも1から10までの数を容易に言える子どもは多いでしょう。
しかし特に指導したいことは、正確な発音を身につけさせることと、いつも1から順番に数を言うばかりではなく、提示された数をランダムに英語で言えるようにすることです。
これはちょっとした訓練で習得できますから、かんたんなアクティビティで楽しく身につけさせましょう。

●対象年齢:小学校低~高学年(学習程度で難易度を調整できます)

●人  数:制限なし

●用意するもの:数のカード(学習状況に合わせる)、ビンゴシート(学習状況に合わせ、9マス(3×3)、16マス (4×4)、25マス(5×5)まで)


イメージ

1.1から10まで数えたら、続けて10から1まで言っていきます。
  指を使ってテンポよくおこないましょう。

T : Let's count from one to ten. One, two ... ten.
 Now, let's say it backwards. Ten, nine ... one.


2.奇数/偶数のみを言わせます。言えたらこんどは逆から
  (1, 3, 5, 7, 9 → 9, 7, 5, 3, 1)も言わせます。

T : Let's say the odd numbers. One, three ... nine.
 Now backwards. Nine, seven ... one.
 This time the even numbers. Two, four ... ten.
 Backwards. Ten, eight ... two.


3.数をランダムに提示して生徒にすぐに言わせます。

T : Say all the numbers I show you. (3のカードを見せる/指で3を示す)
Ss: Three.

4.数のカードを2枚見せて、その数で足し算、引き算、かけ算などの計算をさせ、 そのこたえの数を英語で言わせます。計算方法は生徒の学習能力にあわせておこないます。

T :(1と3のカードを見せて)One plus three makes...?
Ss: Four.


※10以上も同様に続けておこないます。生徒の学習能力にあわせて数を少しずつ増やしていきましょう。
※慣れてきたら生徒をペアにさせておこないます。



イメージ

数を使ってさらにアクティビティをおこない、数をスムーズに言えるように促していきます。
9マス(3×3)、16マス (4×4)、25マス(5×5)の3パターンでおこなうことができます。
生徒の能力に応じて選びましょう。

どの数のマスも既習の数字をランダムに書いて行いますが、25マスの場合、下の例のように「BINGO」の5文字をマスの外のいちばん上に書き、数字をタテにグループに分けておこなうと、難易度が増して高学年向きになります。

例:25マスの場合
B: 1~10 I: 11~20 N: 21~30 G: 31~40 O: 41~50
と数字をグループ分けし、生徒はそれぞれのグループの数字の中から好きな数字を5つ選び文字の下に書いていきます。

【記入例】
B  I   N   G  O

2  13  25  36  42
4  17  29  33  49
9  19  21  31  45
7  14  26  37  48
1  16  22  38  44

数字を読み上げる時は、以下のように生徒一人ひとりが自分の書いた数字をBから順番に言っていき、ビンゴゲームを進めます。
S1: B, two.
S2: I, fifteen.
S3: N, twenty five.
...
のように言っていきます。


こんなアクティビティも! 他にも数を使ったアクティビティがあります。ぜひご活用ください!

●数字であそぼう!
 楽しく数字を英語で言うことに慣れ親しむ幼児~高学年までのアクティビティです。
 ⇒ こちらから




アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • J-SHINE資格
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス

ページ先頭へ