英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

形容詞の練習とアクティビティ

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

   

形容詞の練習とアクティビティ

 
形容詞を使ったアクティビティをおこないます。

対象年齢 小学生(学習程度で難易度を調整できます)
人数 制限なし


 相手の感情をたずねたりこたえたりします。
既習、あるいは学習中の形容詞を口頭練習したうえで、
まずは疑問文を言えるように、次にこたえられるように練習します。
相手にたずねるときは、"Are you...?"と質問し、こたえる時は
"Yes, I am." "No, I'm not." を使って意思表示できるように
口頭練習しましょう。

 

 ◇形容詞の口頭練習◇
まずは形容詞の口頭練習をおこないます。
カードのイラストを使ったり、各形容詞に見あった表情や
ジェスチャーをみんなで決めたりして練習すると楽しくおぼえられます。
(例:"happy" は腕を広げて笑顔、"sad" は悲しい表情をするなど)

 ◇こたえ方の練習◇
疑問文と答えの両方を一度に言わせようとすると混同する
恐れがあるので、最初は先生が質問をして生徒にこたえさせます。
形容詞のカードを見せて、"Are you ...?"と質問し、
"Yes, I am." "No, I'm not."を使ってこたえさせます。
このとき、最初はこたえが "Yes, I am." になるように、質問と
カードの内容を一致させます。しっかり言えるようになったら、
今度は "No, I'm not." がこたえとなるように質問します。
両方ともすらすら言えるようになった時点でこたえがランダムに
なるように質問するといいでしょう。

 ◇たずね方の練習◇
こたえられるようになったら、今度は疑問文の練習をします。
先生が見せるカードの形容詞(happyやsadなど)を使って
"Are you ...?"の置きかえ練習をしましょう。
慣れて来たらペアになって口頭練習をさせてみます。

 

 ◇アクティビティ◇ ~Matching Game~

 ☆用意するもの☆
1.形容詞のカード(6枚程度)
2.10種類の形容詞を表す表情や状況がわかる絵カード、または写真など。
(例:お笑い芸人=funny、迷子になって泣いている子ども=sadなど、
対象となる形容詞のカードを使用)

 ☆準備☆
形容詞のカードを裏返しにして積み上げておきます。
形容詞を表すカードまたは写真は表が見えるように、
テーブルや床の上に広げておきます。

 ☆やり方☆
じゃんけんで順番を決め、生徒は形容詞のカードを一番上から1枚取り、
取ったカードの形容詞にあうカードを床から選んで発表します。

 (例)
S:cuteの形容詞カードを取る→床にあったネコの写真を取る
→2枚のカードをみんなに見せて発表する。

  S: It's a cat. It's cute.

 ☆ルール決め☆
・取った形容詞カードとマッチする絵カードを見つけられなかった場合、
取った形容詞カードを戻し、次のカードをめくることまで許される、
などのルールをあらかじめ決めておくといいでしょう。

 ・上記のやり方に勝敗をつけたい場合は、たとえば最後に最も多く
カードを集められた(=表現が言えた)生徒が勝ちなどとします。



Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報【2020/1/14up】

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ