英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

Where is it? どこにある?


Where is it? どこにある?

乗り物の名前を導入し、それがどこにあるのかを尋ねたり、答えたりするアクティビティです。

対象学年 :幼児
対象人数 :6~8人
準備するもの :乗り物の写真や絵カードを2セット


あつかう単語

train
airplane
bus
bicycle
police car
fire engine
ambulance
rocket
car


あつかう表現

A: Where is the train (airplane / bus / bicycle / police car / fire engine / ambulance / rocket / car)?
B: It's over there.


手順

1. 乗り物の音を流しながら、絵カードなどを使って乗り物の名前を導入し、発音を練習します。
2. 絵カードを床やテーブルの上に広げます。乗り物の音を1つずつ流し、聞こえたカードを取る「かるた取りゲーム」をします。カードを取った子は英語でその乗り物の名前を言い、他の子どもたちは後に続いて発音します。
3. 次に、“ Where is the train (airplane / bus / bicycle / police car / fire engine / ambulance / rocket / car)?”“It's over there.”のやりとりを導入します。
4. 絵カードを2セット用意します。1セットは絵の面をふせて山にして、テーブルの上に置き、もう1セットは教室の壁のいろいろな場所に貼ります。
5. 子どもたちを一列に並ばせます。先頭の子(S1)はテーブルの上にある一番上のカードをめくり、その絵を見て次に並んでいる子(S2)に“Where is the train (airplane / bus / bicycle / police car / fire engine / ambulance / rocket / car)?”と質問をします。(S2)は、教室に貼ってあるカードの中からtrainのカードを探して指さしながら、“It's over there.”と答えます。
6. 5を順番に続けていきます。


Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報【2020/1/14up】

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ