英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

曜日の言い方[2]

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

イメージ


曜日の言い方[1] を参考にしながら、アクティビティにつなげます。

●対象年齢:小学生
●人数:制限なし
学習程度で難易度を調整できます。


1.曜日を答えよう

What day is it today? の質問に答える練習をしましょう。
毎回のレッスンのはじめに生徒に質問することで、自然なやりとりができるようになります。
最初は "It's Monday." のように、答え方を中心に口頭練習を行います。慣れてきたら徐々に疑問詞も言えるように練習しましょう。



2.動作動詞+曜日で答えよう

「1.曜日を答えよう」と同様、最初は先生の質問を聞いて答える練習を中心にしましょう。
例: Do you have a swimming lesson on Monday?
- Yes, I do./No. I have a swimming lesson on Tuesday.

センテンスの練習の仕方は 曜日の言い方[1]も参照してください。



3.アクティビティ

準 備:決まった曜日にやることをかいた動詞の絵カード(例:watch [番組名] 、have a karate lesson など)、曜日の絵カード
進め方:動詞の絵カードと曜日の絵カードを、それぞれ裏返して床や机に積み上げておきます。

じゃんけんで順番を決め、勝った児童Aは、2種類のカードを1枚ずつ上からめくります。
出たカードの内容にしたがって、次の児童Bに "Do you ... ?" と質問します。Bは Yes か No で答えます。


<バリエーション>
質問に対する答えが "Yes" の場合、動詞の絵カードをもらうことができます。
そして絵カードがなくなった(あるいはYesの答えがなくなった)時点でゲームは終了です。

イメージ ■Aが勝った場合
A:(2種類のカードをめくる)
Do you watch [番組名] on Thursday?
B:No. I watch
[番組名] on Friday.

■Bが勝った場合
B:(2種類のカードをめくる)
Do you have a piano lesson on Sunday?
A:Yes, I do.
(動詞の絵カードをもらう)





アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報【2020/1/14up】

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ