英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

put on~/take off~/I'm cold. ~冬の衣服でリレーゲーム~

執筆 牧 菜穂(アルクKiddy CAT英語教室 こどもクラブ)

put on~/take off~/I'm cold. ~冬の衣服でリレーゲーム~

冬の衣服を実際に着たり脱いだりするゲームを通して、put on~/take off~/I'm cold.の表現の練習をします。

対象年齢:幼児~小学校低学年

人数:6人以上(人数が少ない場合は、ひとりが2回行ってもよい)

準備
1. 子どもたちが冬に身につける衣服から3~5つ程度をピックアップ。 今回は(cap/scarf/coat/mittens/socks)を使用
2. テンポのよい楽しい音楽のテープまたはCD

ゲームのための練習
1. put on~/take off~/I'm cold.の各表現を、それぞれの動作と一緒に素早く言えるようにする。
2. それぞれの衣服を見せながら発話してみせるなどして、ゲームに使う衣服の表現(cap/scarf/coat/mittens/socks)を導入しておく。


ゲームの進め方  
 
1. starting line(スタート地点)とhalfway point(折り返し地点。色テープなどで印をつける)を決める。
※starting lineとhalfway pointの距離は、3~5メートル程度を想定しています。
2. 生徒を2チームに分け、starting lineに縦1列に並ばせる。
3. リュックサックのような背負うバッグに、ゲームに使う衣服を入れてそれぞれのチームに1セットずつ用意し、starting lineに置く。
4. 先生の"Go! "というかけ声と同時に音楽をかけ、列の先頭の生徒はバッグの中から1つずつ衣類を取り出し、"put on my ~"と言いながら、順番にすべての衣服を身につける。
5. すべて身につけたらバッグを背負い、jumpしながらhalfway pointまで行く。
※競走に夢中になり、発話がおろそかになるのを避けるのが趣旨ですので、jumpではなく、crawl(這う)や、walk on tiptoe(つま先立ちで歩く)などの動作で行ってもいいでしょう。
6. 着いたら"take off my ~"と言いながら脱いだ衣類をバッグに入れ、再びjumpしながらstarting lineに戻り、次の生徒にタッチする。次の生徒も同様に行い、全員が早く終えたチームの勝ち。






ポイント

●ゲームを行うにあたって、生徒全員が3つの表現を完璧に言えるように練習しておきましょう。

●ゲームと一緒にテンポのよい楽しい音楽を流します。

●途中で音楽が止まったらゲームの動作をやめ、寒そうなジェスチャーをしながら "I'm cold."と大きな声で言わせるようします。再び音楽が流れたらゲームを続けます。

●テンポのよい音楽に乗って楽しく行うゲームですが、遊びだけにならないように注意しましょう。

●生徒がきちんと "Put on~" "Take off~" を言っているか確認しながらゲームを進めましょう。


Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報【2020/1/14up】

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ