英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

クリスマスの英語ゲーム

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

イメージ

英語教室などでクリスマスシーズンで行うレッスンやイベントで使えるゲームをいくつかご紹介します。



イメージ

●対象年齢:小学校低学年~高学年


●用意するもの:
・黒板(またはホワイトボードなど)
すでに習った言葉のつづりを復習することが目的です。

イメージ

1.生徒は2チームに分かれ、それぞれ1列に並びます。

2.先生はクリスマスにちなんだ単語を1つ選んで、黒板に縦につづりを書きます。

3.各チームの先頭の生徒は、前に出て黒板に書かれた語の最初(一番上)の文字を指さし、その文字で始まる単語を1つ言ってから列に戻り、次の生徒にタッチします。その語はクリスマスに関連がなくてもかまいません。

4.最後の文字まで早くたどり着いたチームが勝ちです。


イメージ

S1(Team1): S ― skip
S2(Team1): N ― notebook
S3(Team1): O ― Orange
S4(Team1): W ― window
S5(Team1): M ― melon
S1(Team1): A ― April
S2(Team1): N ― nose
Team1の全員: Finishied!



イメージ

●対象年齢:小学校低学年~高学年


●用意するもの:
・クリスマスの関連語の絵カード(最初の文字がSかCの語)
Santa Claus / sleigh / snowman / stocking / star / cake / candy cane / candle / Christmas card / Christmas tree など
・クリスマスソングのCDなどのBGM
クリスマスの関連語と、子音(SとC)の発音の復習をすることが目的です。

イメージ

イメージ

1.まずは絵カードを使ってクリスマスに関する単語を復習します。

2.次に先生が単語を言い、それぞれの単語がSかCのどちらの文字で始まるか、生徒に当てさせます。

T: Candy cane.
S: C.
T: Santa Claus.
S: S.


3.次に、絵カードを裏返しにして床に広げ、生徒はカードの回りに立ちます。

4.先生はクリスマスソングをかけ、生徒はカードの回りを歩きます。

5.先生は途中で音楽を止め、生徒は一斉にカードを1枚取り、大きな声で自分のカードの単語を叫んでから同じ音で始まる単語カードを持っている仲間を探してチームを作ります。

S1: Santa Claus!
S2: Candy cane!
S3: Star!
S1&S3: Finished!
S4: Christmas card!
S2&S4: Finished!


仲間が全員集まったら、その場に座ります。正しく、より早く集まったほうのチームが勝ちです。

自分のカードはほかの人に見えないように持つよう指示をしましょう。
カードをよく混ぜてから床に広げ、何度も行ってみましょう。



イメージ

●対象年齢:小学校低学年~高学年


●用意するもの:
クリスマスの関連語の絵カード(15種類くらい)、アルファベットの小文字のカード

クリスマスの関連語とアルファベットの発音の復習をすることが目的です。

イメージ

1.関連語を復習したあと、小文字のカードを見せて、子音の音を復習します。

2.クリスマスカードは表を上に、アルファベットカードは裏返しにして、それぞれ別の場所に広げておきます。

3.生徒を2チームに分け、それぞれ1列に並べます。

4.各チームの先頭の生徒は、初めにアルファベットカードのところに行ってカードを1枚取ります。
その文字と音を言いながらクリスマスカードのところに行き、取ったアルファベットカードの文字で始まるクリスマスカードを取り自分のチームに戻ります。

拾ったアルファベットで始まる単語がクリスマスカードの中にない場合は、アルファベットカードだけを持ってチームに戻ります。

5.次に各チームの2番目の生徒が同様に行います。
アルファベットカードとクリスマスカードどちらかのカードがなくなるまで続け、アルファベットカードとクリスマスカードのペアをより多く集めたチームが勝ちです。


イメージ

S1(Team1):(アルファベットカードの"s"を拾い、その音[s]を言いながらクリスマスカードのところに行き、絵カードを取る) S―s,s,s,s/ ― Snowman!(チームに戻る)
S2(Team1):(アルファベットカードの"l"を拾い、その音[l]を言いながらクリスマスカードのところに行き、絵カードを取る) L―l,l,l,l/ ― !!(該当するクリスマスカードがないのでそのままチームに戻る)

クリスマスの関連語はSとCで始まるものが多いため、SとCのアルファベットカードを4~5枚余計に入れておきましょう。 "church / chimney"などの単語は語頭の発音がアルファベットカードにあてはまるものがないため、使わないようにします。 "Christmas tree / Christmas card"などは正しくは/kr/の発音となりますが、/k/の音と考えてゲームを行います。






アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報【2020/1/14up】

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ