英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

レッスンに今すぐ使える!おすすめ絵本&アクティビティ

レッスンに今すぐ使える!おすすめ絵本&アクティビティ
執筆 尾嶋 絵美(エンカレッジ英語教室 主宰)
現役の子ども英語先生が、おすすめの絵本とアクティビティを紹介します。
ご家庭でもできるワンポイントアドバイス付きです。
2019/9/4 公開
今月の絵本:『BALL』
BALL

内容:主人公のイヌは、朝から飼い主の女の子を起こして遊びをせがむほどボールが大好き。でも、女の子が学校に行ってしまうと...お母さんも、赤ちゃんも、相手をしてくれません。仕方なくひとりでボール遊びをしているうちに、ウトウトしはじめてイヌが見た夢とは...?

対象:幼児~小学校低学年

絵本の詳細はこちら

用意するもの

ボール、袋、happy faceとsad faceを貼り合わせたペープサート、A4の紙、色えんぴつなど

読み聞かせのポイント

絵本に登場する単語は"Ball"だけですが、主人公のイヌの気持ち(happy, sad)についても尋ねると、ストーリーの理解がより深まります。


(1)袋の中にボールを入れておき、中に何が入っているのか推測させる。

T: There's something in the bag. What's in the bag?
Ss: Ball!


(2)ペープサートを全員に一つずつ渡し、happyとsadを紹介する。

T: This is a happy(sad) face. Can you make a happy(sad) face?


(3)表紙の絵を見せて質問をする。

T: What do you see in the picture?
Ss: Ball/dog
T: Yes. This is a story about a dog and a ball.


(4)絵本を読み、途中でイヌの気持ちについて尋ねる。子どもはペープサートを使いながら答える。

T: Look! The girl is going to throw a ball. Is the dog happy, or sad?
Ss: Happy!
T: The girl is going to school. Is the dog happy, or sad?
Ss: Sad.


アクティビティの進め方<幼児向け>

(1)円になって座り、先生がボールを持つ。

(2)子どもたちにボールが欲しいか尋ね、欲しい子どもは、"Ball!"と言ってボールをもらう。

T: Who wants the ball?
S1: 欲しい!
Ss: Ball!
T: S1, ball?
S1: Yes, ball!
T: OK. Here you go! All right, can you give me back the ball?

他の子どもたちとも同様に行う。
ボールは投げると危ない場合は、投げずに転がすように言う。

アクティビティの進め方<小学校低学年向け>

(1)もし目の前に赤いボールがあったら、そのボールを使って何がしたいか考える。

T: If you have a red ball, what do you want to do with it?


(2)(1)で考えた内容を絵に描く。あらかじめ先生が考えて描いた絵を見せながら、これから絵を描くことを説明する。

T: Please look at my picture. I want to swim in a ball pool. What about you? Please draw a picture.


(3)描いた絵について一人ずつ発表をする。

T: What do you want to do, S2?
S2: キャッチボールがしたい。
T: You want to play catch. Can you say, "I want to play catch."
S2: I want to play catch.
T: Excellent!


家庭で行うときのワンポイント

普段の生活の中でも、お子さまの気持ちを聞いてみましょう。
"Let's go to the park! Are you happy, or sad?" 
"Today's dinner is curry and rice. Are you happy, or sad?"
英語を使って、自分の気持ちを伝える練習にもなりますよ。

バックナンバーはこちら



アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • コンプリートコース15%OFF
  • 理系・医療の英語応援キャンペーン2019
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ