英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

CLTとは何か?

[全14回連載]

コミュニケーション中心とした指導「CLT」について、上智大学言語教育研究センター教授の藤田 保先生が全14回にわたり分かりやすく解説します。
「子ども英語先生メールマガジン」の転載記事です。そのため、最新情報でない場合もございますので予めご了承ください。

●著者プロフィール


藤田 保
上智大学言語教育研究センター教授。専門は応用言語学(バイリンガリズム)と外国語教育。アルクキッズ事業アドバイザーを務める。NPO小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)理事。著書に『英語教師のためのワークブック』『先生のための英語練習ブック』(ともにアルク)など多数。


最新記事  2018/9/5 UP!

※記事内の情報は、メールマガジン配信時点(2018年9月5日)のものとなります。予めご了承ください。


【第13回】 コミュニケーション能力(Communicative Competence)


そもそも「コミュニケーション能力(communicative competence)」とは何でしょう? いくつもの定義がありますが、ここではカナダの言語学者、カナーリーとスウェインのモデルを参考にお話しします。

彼女らはコミュニケーション能力には「文法能力(grammatical competence)」「談話能力(discourse competence)」「社会言語的能力(sociolinguistic competence)」そして「方略的能力(strategic competence)」の4つの要素が含まれるとしています。

まずコミュニケーションを成り立たせるためには正確に言葉を使う力が必要です。そもそも疑問文の作り方を知らなければ人にものを尋ねることもできません。正しい文を作ったり、語を使いこなしたり、音を正確に操る(うまく発音する)ような能力を文法能力と呼びます。

しかし、これだけでは不十分で、話があちこちにとんだりせずに、ある程度まとまった内容をわかりやすく伝える力や、単文レベルではなく、まとまりのある内容を把握する力も必要です。このような内容のあるまとまりを「談話」と呼び、それを使いこなすことも必要になります。

また、日本語の敬語ほどの厳格さはないとは言え、英語を使うときも相手や状況に合わせて丁寧やカジュアルな言葉づかいを使い分けることも円滑なコミュニケーションを行うには不可欠です。このような使い分けの力を社会言語的能力といいます。

さらに、常に言いたいことが英語で言えるわけでも、全てを理解できるわけではないのも普通でしょう。そのような言語上の問題に直面したときに、何とか工夫して切り抜けてコミュニケーションを続ける力も大切で、それを方略的能力と呼んでいます。

従来の英語教育では文法能力だけを重視してきましたが、これからは他の3つの能力も合わせてバランスよく身につけるようにする必要があるのです。


書籍紹介

『先生のための英語練習ブック』
著者:藤田保 価格:2,160円(税込)


「教室英語の力をもう一歩先へ進めたい」と考える、小学校の英語活動や英語教室で教えている先生にぴったりの書籍です。5つの練習問題に繰り返し挑戦するうちに、英語で授業を進めるために必要な力を身につけられます。


コミュニカティブな英語教育を考える
日本の教育現場に役立つ理論と実践

編:上智大学CLTプロジェクト 価格:2,376円(税込)


CLT(Communicative Language Teaching)の実現を目指す人に必携の書。コミュニケーション能力の育成を目指した英語教育の理論、そしてその目指すところを、分かりやすく解説するとともに、どのように実施していけばよいのかを具体的に示しています。

  • 教室開設のご案内
  • アルク児童英語教師養成コースのご案内"



★過去のバックナンバー記事はこちらから

バックナンバー 一覧へ

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 理系・医学の英語応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • らくらくテスト ONLINE<デモ版>
  • おすすめ絵本&アクティビティ
  • CLTとは何か?
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ