英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

CLTとは何か?

[全14回連載]

コミュニケーション中心とした指導「CLT」について、上智大学言語教育研究センター教授の藤田 保先生が全14回にわたり分かりやすく解説します。
「子ども英語先生メールマガジン」の転載記事です。そのため、最新情報でない場合もございますので予めご了承ください。

●著者プロフィール


藤田 保
上智大学言語教育研究センター教授。専門は応用言語学(バイリンガリズム)と外国語教育。アルクキッズ事業アドバイザーを務める。NPO小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)専務理事。著書に『英語教師のためのワークブック』『先生のための英語練習ブック』(ともにアルク)など多数。


最新記事  2018/10/3 UP!

※記事内の情報は、メールマガジン配信時点(2018年10月3日)のものとなります。予めご了承ください。


【最終回】 インターアクション(Interaction)


この連載の第1回に、人が周りの人々とやり取りをしながら言葉を身につける過程を授業に取り入れたのがCLTの根底にあると述べました。

言語を習得するためにはインプットが不可欠ですが、自分にとって適切なレベルでなければあまり効果がありません。分からないことを確認したり、繰り返しを求めたりしてインプットの質を最適化するのがインターアクションにほかなりません。

やり取りを通じて意味の明確化を求め、意思の疎通を行うことを「意味の交渉(negotiation of meaning)」と呼びます(第6回「修正フィードバック」も参照)が、ネイティブスピーカーや教員とよりも、ノンネイティブ同士でグループ・ワークをした方が意味の交渉が増えるという研究結果もあります。だからこそ、タスクなどを通じて生徒同士のインターアクションを促進することが重視されているのです。

良質のインプットを得るのと同時に、アウトプットを通じて「仮説検証」を行うことも大切です。実際に使ってみることで何が言えて何が言えないのかという気づき(第3回)が起きます。その上で、正確な言い方はわからないけれどこんな風に言えばいいのかな? と思って(つまり、仮説を立てて)言ってみる。その結果、通じて相手がわかってくれれば仮説が検証されたことになり、通じなければ自分の表現の仕方を振り返り、仮説を修正して新たに言い直してみる。このような一連のプロセスを通じて正確な表現方法を身につけていきますが、そのためにも相手とのやり取りが必須になります。

以上のように、習得に結びつくインプットと、定着をもたらすアウトプットから成るインターアクションの機会をできるだけ生徒に与えることで、自然な言語習得と同様の環境を提供することこそが、CLTの授業を展開する最大の意義であり、目的です。


書籍紹介

『先生のための英語練習ブック』
著者:藤田保 価格:2,160円(税込)


「教室英語の力をもう一歩先へ進めたい」と考える、小学校の英語活動や英語教室で教えている先生にぴったりの書籍です。5つの練習問題に繰り返し挑戦するうちに、英語で授業を進めるために必要な力を身につけられます。


コミュニカティブな英語教育を考える
日本の教育現場に役立つ理論と実践

編:上智大学CLTプロジェクト 価格:2,376円(税込)


CLT(Communicative Language Teaching)の実現を目指す人に必携の書。コミュニケーション能力の育成を目指した英語教育の理論、そしてその目指すところを、分かりやすく解説するとともに、どのように実施していけばよいのかを具体的に示しています。

  • 教室開設のご案内
  • アルク児童英語教師養成コースのご案内"



★過去のバックナンバー記事はこちらから

バックナンバー 一覧へ

  • アンケートご協力のお願い

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 資格取得応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • スピーキングの質問箱
  • 英語学習アドバイザーのdos & don'ts
  • アルクplus
  • おすすめ絵本&アクティビティ
  • 英語学習アドバイザーの基礎知識
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ