英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

Sherpa Channel

 

Sherpa(シェルパ:Senior High English Reform Project ALC)とは、金谷憲先生(東京学芸大学 名誉教授)のリーダーシップによる、高校英語授業改善に貢献することを目指したプロジェクトです。

このSherpa Channelでは「高校英語授業における取捨選択」をテーマに、プロジェクトメンバーによるディスカッションの模様を配信いたします。【毎週水曜日更新】

限られた授業時間の中で、扱う内容(文法項目など)の優先順位をどのようにつければよいのか、プロジェクトメンバーと共にお考えいただき、ご指導のご参考にしていただければと思います。

※動画が表示されるまで若干お時間がかかる場合がございます。ご了承ください。

 

Sherpa Channel #2「取捨選択の考え方を取り入れる意義」

[2018年5月23日 UP!]

 

次回配信予定

★次回は 2018年5月30日(水)の配信を予定しています。

 

●これまでの公開分●

 

Sherpa Channel #1「授業デザインに取捨選択の発想を」

[2018年5月16日 UP]

 


Sherpa プロジェクトメンバー紹介

 

金谷 憲 Kanatani Ken 東京学芸大学 名誉教授
東京大学文学英文科卒。同大学院人文科学研究科修士課程(英語学)、教育学研究科博士課程(学校教育学)及びスタンフォード大学博士課程を経て(単位取得退学)、1980年より2013年3月まで東京学芸大学で教鞭を執る。全国英語教育学会会長、関東甲信越英語教育学会会長を歴任。現在ELPA(英語運用能力検定協会)理事、ELEC(英語教育協議会)アドバイザー。専門は英語教育学。

 

臼倉 美里 Usukura Misato 東京学芸大学 准教授
昭和女子大学英米文学科卒。大学卒業後に都立高校教諭として5年間勤務。その間、東京学芸大学大学院修士課程(教育学)を修了。引き続いて博士課程を修了。その後は大学および高校での非常勤講師を経て現職に至る。専門は英語教育学。研究分野はリーディングで、特に文章理解における明示的知識の必要性、単文理解速度の重要性などに焦点を当てている。

 

大田 悦子 Ota Etsuko 東洋大学 准教授
琉球大学法文学部文学科卒。沖縄県および宮崎県公立高校教諭を経て、2004年東京学芸大学大学院修士課程入学。2010年同大学院博士課程修了。専門は英語教育学で主な研究テーマは、外国語学習におけるリピーティングおよびシャドーイングの役割。英語教育における「実践」と「研究」の連携を模索中。

 

鈴木 祐一 Suzuki Yuichi 神奈川大学 准教授
東京学芸大学教育学部日本語教育専攻卒。東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育学専攻修了(教育学・修士)。メリーランド大学大学院・第二言語習得研究科修了。専門は第二言語習得・英語教育学。研究テーマは、語彙・文法学習に最適な練習間隔の空け方の実証的研究、外国語処理の自動化の測定方法とトレーニング方法の効果検証、明示的知識と暗示的知識のインターフェース問題など。

 

▲ページトップへ

  • アルク教育ソリューションEXPO

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • コンプリートコース
  • ESAC&JAOS 資格取得応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • らくらくテスト ONLINE<デモ版>
  • Sherpa Channel
  • 英語の先生向け海外研修・実習
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ