英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

Sherpa

Sherpa

Sherpa

Information

出張研修が無償化に!

Sherpaとは?

金谷先生のメッセージ

金谷先生
金谷 憲 先生
東京学芸大学 名誉教授

Sherpa(シェルパ:Senior High English Reform Project ALC)は、高校の英語の先生方をサポートする支援プロジェクトです。Sherpaメンバーとアルクのコラボで、2010年から活動を開始しました。Sherpaは、荷物を運んだり、道案内をしたりして登山家を助けるシェルパのように、高校の先生方の日々の授業のお手伝いをします。

Sherpaの活動内容は、主に①高校英語に係わる調査研究 ②新しい授業モデルの提案 ③提案に基づく高校での実践へのアドバイス ④調査や実践の成果を広く知っていただくためのセミナー、研修会の開催 ⑤調査研究を踏まえた教材開発などです。

英語教育が大きく変わろうとしている今、サポート部隊が必要です。そのサポート部隊がSherpaです。皆さんから頼りにされるよう努力を重ねてゆくつもりです。

Sherpaメンバー

※下の画像をクリックすると、先生方のプロフィールがご覧いただけます。

  • 金谷 憲 先生
    金谷 憲 先生
  • 臼倉 美里 先生
    臼倉 美里 先生
    東京学芸大学 准教授
  • 大田 悦子 先生
    大田 悦子 先生
    東洋大学 准教授
  • 鈴木 祐一 先生
    鈴木 祐一 先生
    神奈川大学 准教授

sherpa Chennnel

英語教育に関する様々なテーマ(高校英語授業における取捨選択、指導法など)について、Sherpaプロジェクトメンバーによるディスカッション・出張研修の模様を動画で配信します!
<会議のテーマ例>
・「英作文指導で"指摘すべき誤り"とは?」
・「音読指導の取捨選択」
・「授業デザインに取捨選択の発想を」

Sherpa Channel ▶︎

Sherpaは高校の英語の先生をサポートします!

サポート その①セミナー

「高校でこそ基礎定着を!」と題して、基礎の定着についての現状や実績のある授業モデルのご紹介、Q&Aやディスカッションを行いながら、より良い授業を目指すためのヒントをご提供するセミナーです。

開催日程

12月22日(日) 13:30~16:30
Sherpaセミナー#9Sherpaセミナー #10「文法」を「教える」?[東京]
~高校英語教育における文法指導を考える~

講師 金谷 憲先生、大田悦子先生

詳細・申込み

サポート その②出張研修

金谷先生やSherpaのメンバーがコーディネートする講師が直接学校に出向き、より良い授業を目指すための研修を行います。授業についての具体的なアドバイスや、その学校の生徒・先生に合った授業モデルをご提案します。

【最新のお知らせ】
2020年度より、講師の先生へお支払いいただく研修費を無償化(アルクが全額負担)いたします。従前どおり、講師の先生の交通費(+遠方の場合の宿泊費)のみご負担いただく必要がございますが、
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

研修内容・実績

・山形県立新庄北高等学校(KitaCOM)

・青森県立田名部高等学校(TANABU Model)

・山形県立東桜学館中学校・高等学校(山形スピークアウト方式)

・埼玉県立朝霞西高等学校

・和洋国府台女子中学校高等学校

・駒沢学園女子中学校・駒沢学園女子高等学校

・茨城県立藤代高等学校 ほか

Sherpa主宰・金谷先生からのメッセージ

金谷先生

本気で英語授業を変えようとすると、年に1度や2度の研修会では到底足りません。
問題点を割り出し、同僚間の協力体制を確立し、改善策を立案し、実践していくことになります。これには、アドバイザーが年に複数回(理想的には6回以上)訪問し、研究を進める体制をつくらなければなりません。これまで英語教育界では、新しい目標や方針がいくつも出されてきましたが、実現されずに終わってしまうことが少なくありませんでした。目標は実現しなければなりません。方針は実行されなければなりません。長期にわたっての試行錯誤が必要です。そのために、継続型のアドバイザー派遣制度は、大変に重要です。学校でのお取り組みの内容に適したアドバイザーをご提案し、派遣いたしますので、ぜひご利用ください。

依頼方法

授業改善のためのSherpa出張研修をご希望の先生は、koukou@alc.co.jp 宛へ以下の通りご応募ください。
※2020年度より、出張研修の研修費が無料(アルクが全額負担)となります。
 講師の先生の交通費(+遠方の場合の宿泊費)のみ、ご負担いただきます。

[必要事項]
①お名前
②学校名または団体名
③ご希望の研修内容
④検討中・実施中の授業改善の取り組み
⑤ご希望の日程(複数)

[ 条 件 ] 原則として英語科の先生全員のご参加をお願いしております。研修後には代表の先生から1500字程度のレポートをご提出いただきます。研修の模様(上記レポートや写真含む)をアルクの媒体でご紹介させていただくことがございます

出張研修のご依頼

※メールソフトが起動します。

サポート その③教材・書籍による授業改善のお手伝い

Sherpaプロジェクトメンバー執筆による、指導者向け書籍や授業用の教材をご紹介します。

授業モデル

Sherpaが提案する授業モデルや、英語力アップを実現した学校の授業モデルをご紹介!

アウトプットの時間を生み出す高校英語授業

レッスンごとに教科書の扱いを変えるTANABU Modelとは

著 者金谷 憲 編著 堤 孝 執筆

価 格2,200円+税

金谷 憲先生が「田名部高校の奇跡」と呼ぶ「TANABU Model」の成果とその取り組みについてまとめた一冊です。英語力アップ全国2位を達成した英語授業モデルについてご紹介します。

詳細・購入

訳読オンリーから抜け出す3つのモデル

高校英語授業を変える!

著 者金谷 憲 編著 高山芳樹/臼倉美里/大田悦子 著

価 格2,200円+税

Sherpaから生まれた「実際に教室で使える授業モデル」3つを詳細にご紹介。さらに、教科書自体の改善案や全国で行われている新しい取り組みについてまとめています。 新任の先生にもピッタリの一冊です。

詳細・購入

山形スピークアウト方式

高校英語教科書を2度使う!

著 者金谷 憲 編著

価 格2,200円+税

教科書の内容理解で終わらせず、発表という発展的な活動を行っている、山形県立鶴岡中央高等学校。同じ教科書を2度使って定着を促す「Speak Out方式」という授業モデルをまとめた一冊。 どんな学校でも参考にできる授業のヒントが詰まった一冊です。

詳細・購入

基礎定着

Sherpaセミナーのテーマにもなっている「基礎定着」について、高校生の英語力の現状と、それを踏まえた大学入試に必要な英語力・指導法についてデータとともにご提案!

大学入試分析で明らかになった基礎定着の重要性

中学英文法で大学英語入試は8割解ける!

著 者金谷 憲 編著 片山七三雄/吉田翔真 著

価 格2,200円+税

約4000問の大学入試問題から、高校で導入する新出文法事項の出題頻度を分析。高校英語授業で実践できる、効率の良い文法指導についてのアイデアをご紹介。4技能テストに向けて知っておきたい、高校英語授業で基礎を定着させるための具体的な試みをご提案!

詳細・購入

データが示すこれからの高校英語授業のあるべき方向性

高校生は中学英語を使いこなせるか?

著 者金谷 憲 編著 臼倉美里/大田悦子/鈴木祐一/隅田朋彦 編著

価 格2,200円+税

高校生は中学で習った英語をどのくらい使いこなせるようになっているか。その問いに答えるために、延べ5,000人を超える高校生を対象に「高校生の基礎力定着調査」を実施。その驚きの結果と詳細な分析を基に、高校英語授業のあるべき方向を提案する。

詳細・購入

頭の整理

教育現場で起こるリアルな問題について、その原因を整理し、解決策をご提案!

高校英語教師必携! 問題整理で授業は変わる

高校英語教育を整理する!教育現場における22のギャップ

著 者金谷 憲 編著 隅田朗彦/大田悦子/臼倉美里 著

価 格2,200円+税

教育現場で起こる対立は、認識のギャップにより起こりがちです。そこで22の事例を会話形式で取り上げ、英語教育が抱える問題の徹底整理を試みました。 現場で発生する問題の解決の糸口となる一冊です。

詳細・購入

新しい授業実現のための教材

金谷先生監修の、「使える」英語の獲得を目指す英語教材をご紹介!

総合英語 One

読んで理解、調べて納得 文法を英語コミュニケーションの支えにする文法総合参考書

総合英語One

著 者金谷 憲 総合監修 馬場哲生/高山芳樹 著

価 格1,500円+税

「コミュニケーション」を支える文法の定着を実現。読めば読むほど「英語の性質」と「文の骨組み」が理解できる。
特長1:2つのでSectionで「使える英文法」が定着
特長2:文法用語を多用しない、例文中心の解説
特長3:準拠のGrammar Book ,Work bookで定着を促進


クリックで拡大

SectionⅠ「読んで理解」編

英語と日本語のルールの違いや英語の文を作るパーツを理解することで、英語が苦手な生徒にも効果大です。イラストを多用しながら視覚的にも理解を促進。


クリックで拡大

SectionⅡ「調べて納得」編

文法項目を網羅的に解説。 文法用語の多用を避け、日常に則した例文に取り上げながら文法の理解を促します。

『総合英語One』に完全準拠、併せて使用することで知識・技能を定着させる問題集

総合英語One【完全準拠】Grammar Book

著 者金谷 憲 総合監督 馬場哲生/高山芳樹 監修

価 格900円+税

SectionⅠに対応した部分では、中学での学習内容を基に「英語の基本的性質と骨組み」についての知識を再整理し、英語の基礎力を養成。SectionⅡに対応した部分では、豊富な演習問題を通じて各文法事項の定着を図ることが可能です。また、トピック全体を統合した「総合問題」で定着を深めます。


クリックで拡大

本書では、マクロ的視野を持つSectionⅠを授業に組み込むことで、個々の文法項目に関して「文の構成要素」としての働きに注目させる、などの指導が可能です。


クリックで拡大

音声問題も多数収録。聞いて書き取る問題やクイックレスポンス(口頭英作文)などのトレーニングも含まれており、音声を使った文法指導を行うことができます(音声は指導用CD-ROMに収録)。

取り組ませやすい分冊版

総合英語One Grammar Book
【SectionⅠ】【SectionⅡ】

著 者金谷 憲 総合監修 馬場哲生/高山芳樹 監修

価 格各800円+税

※画像をクリックすると、詳細ページへ移動します。

左右のページに問題・音声CD付の自学用教材

総合英語One【完全準拠】Workbook

著 者金谷 憲 総合監督 馬場哲生/高山芳樹 監修

価 格800円+税

『総合英語One』に完全準拠した全1429問の問題を左右ページに掲載。4技能をフルに活用したトレーニング+多彩な問題形式で、定着へと導きます。
<特長1>学習内容に即した多彩なトレーニングと問題形式を用意!
<特長2>自学自習しやすい丁寧な文法解説!


クリックで拡大

SectionⅠで文の構成要素に対する理解を深め、さまざまなトレーニングを重ねていくことで、常に英語の語順を意識するようになり、長くて複雑な構造の文にも取り組ませやすくなります。


クリックで拡大

本書では、主に自学自習での活用を想定し、解答・解説を充実させました。 解答や訳以外に、「なぜこの解答になるのか」「この形が表しているのはどのような意味内容か」などについても、細かく解説しています。

取り組ませやすい分冊版

総合英語One Workbook
【SectionⅠ】【SectionⅡ】

著 者金谷 憲 総合監修 馬場哲生/高山芳樹 監修

価 格各700円+税

※画像をクリックすると、詳細ページへ移動します。

大学入試に頻出の英文法27項目が「1日5分」で定着!

1日5分! 英文法リアクション・トレーニング 基礎編

著 者金谷 憲 監修

価 格ワークブック 900円+税 生徒用CD(2枚) 440円+税

音声を重視したアクティブなトレーニングにより「1日5分」という短時間で、中学英文法の確かな定着を実現させます。
短時間の間に口と頭をフル回転させ、英語を使い続けることで、全ての下地となる中学英文法の定着と、英語を処理するスピードが向上します。 入試対応力を養う新しい文法トレーニング教材です。


クリックで拡大

STEP1  Listen & Repeat!
(ターゲット音読)
→英語を聞いて制限時間内にリピート
STEP2  Let's say it in English!
(「英語の暗算」音読!)
→日本語を聞いて英語に直す
STEP3  Dictation!
(聞き取り&穴埋め)
→英語を聞いて空欄を埋める


クリックで拡大

1ページ目でトレーニングした文法事項を含む大学入試の過去問題に挑戦。 実力の定着を確認できます。

大学入試突破に欠かせない英文法27項目の完全定着を実現!

1日5分! 英文法リアクション・トレーニング 応用編

著 者金谷 憲 監修

価 格ワークブック 900円+税 生徒用CD(2枚) 440円+税

CDには活動の指示も含まれており、授業中はもちろん、自学でもCDを再生するだけで学習することができます。
特長1:「音」を重視した、アクティブなトレーニングを実現!
特長2:リアクアションする力(=英語の処理スピード)を最大限高める!

「パラチャート」読解で長文の概要を素早く把握!

大学入試英語 パラチャート・トレーニング

著 者金谷 憲 執筆

価 格ワークブック 900円+税 生徒用CD(1枚) 300円+税

大学入試問題も「パラチャート」を使うことで、効率良く内容把握できるようになります。
特長1:学習のスタートは「大学入試読解」ゴールは「使える英語」!
特長2:長文を「理解」で終わらせず「発信」へとつなげる!


クリックで拡大

「パラチャート」とは?
文章展開をわかりやすく図式化したもので、部分訳のほか、学習上、重要な個所が(  )となっており、穴埋めするようになっています。課題1で穴埋めに取り組むことで、読解のスピードが上がり、速読の効果も期待できます。

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ