英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

総合英語One【完全準拠】Grammar Book

『総合英語One』に完全準拠。図解と解説も取り入れた授業で活用できるテキスト!
総合英語One【完全準拠】Grammar Book

総合英語One【完全準拠】Grammar Book

高1 高2 高3
学校専売品   テスト作成ツール対応
監修 金谷 憲(東京学芸大学 名誉教授)[総合監修]
馬場哲生(東京学芸大学 教授)
高山芳樹(東京学芸大学 教授)
定価 900円+税
商品構成 B5判 136ページ+解答・解説 75ページ
採用特典 「らくらくテスト ONLINE」(小テスト作成ツール)
●指導用PowerPointスライド
●Teacher's Manual
●テキストデータ(掲載例文など)
●指導用音声データ

英語の語順の特徴や、品詞をキーに英文の構成要素を把握!

『総合英語One』に準拠したGrammar BookとWorkbookは、各Sectionに対応しています。
SectionⅠでは中学の学習内容を基に、「主語+動詞」で始まる英語の語順のルール、後置修飾などの英語特有の表現方法、品詞の働き、文を構成する要素について、知識を再整理。 高校から必要となる「複雑な構造の長文を読んだり英文を書いたりするための基礎表現力」を養います。
また、音声問題も多数収録。聞いて書き取る問題やクイックレスポンス(口頭英作文)などのトレーニングも含まれており、音声を使った文法指導を行うことができます(音声は指導用CD-ROMに収録)。

※SectionⅠの構成の詳細は『総合英語One【SectionⅠ】Grammar Book』のご案内をご参照ください。



<特長1>高校英文法の最重要項目を効率良く学べる!
Section Ⅱでは、従来型の文法指導を効率良く行えるよう、トピックの選び方や解説ページのまとめ方に配慮しています。 解説ページは、生徒が初めて読んでも理解しやすいよう要点をまとめており、『総合英語One』と合わせて読めば、自力で「基本から発展へ」理解を進めることが可能です。
また、練習問題では、各文法項目に対応する練習問題だけでなくトピック全体を統合した「総合」問題も用意。本書で基礎を固めた後、『総合英語One【完全準拠】 Workbook』を自学用教材として使うことで、演習を重ねて文法をより深い形で定着させることが可能です。

※Section Ⅱの構成の詳細は『総合英語One【Section Ⅱ】Grammar Book』のご案内をご参照ください。

<特長2>「仕組みを理解」⇔「ルールを学ぶ」の横断的な学習で表現力の基礎を養う!
本書の最大の特長はSectionⅠの存在。
文法の指導は、細かなルールや特殊な語法に指導の重点が置かれ、文構造の理解や定着は後回しにされる傾向にあるため、生徒が個々の知識を結び付けることができず、「実際に使えるようにならない」「入試を意識するようになって再び文法学習をやり直す」という状況が起こりがちです。
本書では、マクロ的視野を持つSectionⅠを授業に組み込むことで、個々の文法項目に関して「文の構成要素」としての働きに注目させる、などの指導が可能です。
例えば、SectionⅠで「名詞句や名詞節などの語句のまとまりは、文中で名詞と同じ働きをする」という考えにあらかじめ触れておくと、SectionⅡで「不定詞」「動名詞」「分詞」「関係詞」などを学習したときに、これらの表現が「名詞的なまとまりを作る要素」という共通項を持つということに、気付かせやすくなります。

【採用特典】授業で使える! ビジュアルで生徒の理解を促すスライドデータ
1つのユニットにつき、20~30のスライドデータをご利用いただけます。スライドの前半は解説、後半は表現練習となっており、インタラクティブな授業展開が可能です。 さらに、データは生徒の習熟度に応じて自由に修正・アレンジしていただくことも可能です。

■ 採用特典スライドデータ【SectionⅠ】の見本は こちら
■ 採用特典スライドデータ【SectionⅡ】の見本は こちら


※本書は学校専売品のため市販はいたしません。




<教材に関するお問い合わせ> アルクサポートセンター TEL:03-6276-4501(平日 9:00~18:00)

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 海外研修・実習
  • 子どもの英語教育 知っておきたい厳選ワード
  • スピーキングの質問箱
  • 英語学習アドバイザーのdos & don'ts
  • アルクplus
  • おすすめ絵本&アクティビティ

ページ先頭へ