英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

ライティングスキルのツールボックス<最終回>

ライティングスキルのツールボックス

eメールやレポートを英文で書く機会は増えているのに、ライティングに自信がない、伸ばし方がわからないと悩んでいる方は意外に多いのではないでしょうか。
新連載「ライティングスキルのツールボックス」では全11回にわたり、スキルアップのコツをESACマスター・アドバイザーの玉木史惠さんにさまざまな角度からご紹介いただきます。


最終回 試験のライティング:TOEIC®ライティングテスト


イメージ TOEIC® Speaking & Writing TestsのTOEIC® ライティングテストは、ビジネスの場面で必要なライティング力を測定するために主に受験されています。写真描写問題(5問8分)、Eメール作成問題(2問各10分)、意見を記述する問題(1問30分)の解答をパソコンにタイピングします。

写真描写問題 写真の下に提示された2つの語(句)を使って、写真を描写する1文を、合計5文8分間で作成する。

●問題で求められること
1.文法的に正確な1文を書くこと(2つの語(句)を文法的に適切な形にしたり、使う順番を変えたりしても構わない)
2.写真に関連した文を書くこと

写真描写問題対策には、ライティングの 6つの側面 のうち、語彙や文法という Language Structures(言語構造)にフォーカスした練習をします。辞書を活用 して、語彙力と文法力を伸ばしておきましょう。

Eメール作成問題 提示されたEメールを読み、指示の課題に従って自分の考えをまとめて、返信Eメールを1通につき10分間で合計2通書く。

●問題で求められること
1.提示されたEメールの内容を理解し、ask THREE questions(質問を3つ尋ねなさい)などの課題に従って書くこと
2.さまざまな文構造や適切な語彙を使い、正確で明瞭な言語構造の文で、読み手が混乱しないように、signpost(標識)の役割をするdiscourse markers(談話標識)を適切に使用し、つながりやまとまりがあるパラグラフの構成パターンで書くこと
3.ビジネスの場面に適した文体や言葉遣いで書くこと

Eメール問題対策には、提示されたEメールの内容理解も求められます。ライティングの 6つの側面 のうち、Language Structures(言語構造)、つながりやまとまりがあるパラグラフに着目した Text Functions(テキストの機能)、読まれる context(文脈)を考慮し、Eメールの様式に着目した Genre(ジャンル)にフォーカスした練習をします。
個人の意見を表現する Expressive Abilities(表現能力)にフォーカスした練習も取り入れます。『TOEIC® Speaking & Writing公式テストの解説と練習問題』(一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会、2015)の他、TOEIC® L&RのPart 6とPart 7で頻繁に出題されるEメールを解答のモデルにして、問題集で学習するといいでしょう。

意見を記述する問題 あたえられた設問に対する自分の意見を30分で約300語のエッセイにまとめる。

●タスクで求められること
1.意見をサポートする理由の詳細を論理的、かつ明確に説明すること
2.読み手が混乱しないように、signpost(標識)の役割をするdiscourse markers(談話標識)を適切に使用し、つながりやまとまりがあるパラグラフやエッセイの構成パターンで書くこと
3.さまざまな文構造や適切な語彙を使って書くこと

意見を記述する問題には、ライティングの 6つの側面 うち、 Language Structures(言語構造)、パラグラフやエッセイの構成パターンに着目した Text Functions(テキストの機能)、個人的な意見を表現する Expressive Abilities(表現能力)にフォーカスした練習をします。
前回 で取り上げたTOEFL iBT®テストの独立型ライティングタスク(an independent task)と同様の問題なので、TOEFL iBT®テストの問題・解答例を教材として使い、process approachのplanning段階前に行うoutlining(アウトライン作成)練習を取り入れるといいでしょう。
ライティング学習の連載は今回で終了です。最後までお読みいただきありがとうございました。



トップページへ

著者プロフィール


玉木史惠(たまきふみえ)
ESAC マスター・アドバイザー
テンプル大学大学院にて、英語教授法 (TESOL) の教育学修士号を取得。
英語科教員免許状と英語学習アドバイザー(マスター)の資格を持ち、英語学習法、TOEICをはじめとする各種試験対策、スピーキングとライティングを含むコースまで幅広く担当。都内の大学にて英語学習アドバイザーを務める。共著に『ネイティブ発想で学ぶ 英語の決定詞』(研究社)などがある。TOEIC L&テスト990点、英検1級。

  • 資格認定制度のご案内
  • 英語学習アドバイザーコース

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク語学教育研究支援制度
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • J-SHINE資格
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス

ページ先頭へ