英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

ライティングスキルのツールボックス<第一回>

ライティングスキルのツールボックス

eメールやレポートを英文で書く機会は増えているのに、ライティングに自信がない、伸ばし方がわからないと悩んでいる方は意外に多いのではないでしょうか。
新連載「ライティングスキルのツールボックス」では全11回にわたり、スキルアップのコツをESACマスター・アドバイザーの玉木史惠さんにさまざまな角度からご紹介いただきます。


第一回 ライティングの6つの側面


常に注目されるスピーキングと比べて、ライティングは注目されることが少ないスキルです。
しかし、インターネットの普及で、スマートフォンやパソコンでメッセージを書く機会は確実に増えているのではないでしょうか。
「ライティングのスキルを伸ばしたい」という相談に、アドバイザーは相談者のニーズやレベルなどを把握して、精神面・学習面・環境面に関するアドバイスをしますが、学習面のアドバイスで必要な知識が「ライティングの6つの側面」についての知識です。それぞれの側面には特徴があり、学習目的も異なります。学習者のニーズやレベルに合った最適なアドバイスをするために、「ライティングの6つの側面」の概要を捉えておきましょう。


1. Language Structures(言語構造)

特長:語彙や文法というlanguage form(言語のフォーム)に着目
学習目的:語彙や文法の知識を増やして、正確で明瞭な文を書く


2. Text Functions(テキストの機能)

特長:language use(言語の使用)とテキストのfunction(機能)、パラグラフやテキストの構成パターンに着目
学習目的:パラグラフで書き、テキストの機能を表す構成パターンで書く


3. Expressive Abilities(表現能力)

特長:書き手のcreative expression(創造的な表現力)に着目
学習目的:書き手の創造的な表現力を育成する


4. Composing Processes(ライティングの過程)

特長:書き手の知的な認知活動に着目、process approachとして知られている
学習目的:planning(計画)- drafting(草案)- revising(修正)という過程をコントロールして認知能力を発達させる


5. Content(内容)

特長:特定のテーマやトピックに着目
学習目的:リーディングした内容を基に、他の側面のライティングを取り入れて書く


6. Genre(ジャンル)

特長:context(文脈)を考慮し、社会的な慣習に従って使用されているジャンルごとの様式に着目
学習目的:ジャンル特有の社会的慣習に従った様式で書く

(参考文献:Hyland, K. (2003). Second Language Writing. Cambridge: Cambridge University Press.)

アドバイザーは、相談者がどの側面にフォーカスしたライティングをすべきかを判断して適切な教材や学習法を提案しますが、多くの場合、1つの側面だけではなく、複数の側面にフォーカスしたライティングについてアドバイスをします。
例えば、初級レベルの相談者が、「EメールというGenreのライティングスキルを伸ばしたい」と考えている場合は、EメールというGenreの側面と、初級者が文法ルールに従った構造の文が書けるようにLanguage Structures(言語構造)の側面にフォーカスしたライティング学習法を提案します。
さらに、パラグラフで書き、原因・結果などの機能を表す構成パターンで書く必要がある場合は、Text Function(テキストの機能)の側面にフォーカスした学習法も提案します。

次回から、この「ライティングの6つの側面」をひとつひとつ取り上げ、その特徴と学習目的に加えて、学習法や教材について詳しくお話していきます。どうぞお楽しみに!



バックナンバーはこちら

著者プロフィール


玉木史惠(たまきふみえ)
ESAC マスター・アドバイザー
テンプル大学大学院にて、英語教授法 (TESOL) の教育学修士号を取得。
英語科教員免許状と英語学習アドバイザー(マスター)の資格を持ち、英語学習法、TOEICをはじめとする各種試験対策、スピーキングとライティングを含むコースまで幅広く担当。都内の大学にて英語学習アドバイザーを務める。共著に『ネイティブ発想で学ぶ 英語の決定詞』(研究社)などがある。TOEIC L&テスト990点、英検1級。

  • 資格認定制度のご案内
  • 英語学習アドバイザーコース

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • J-SHINEプロフェッショナル養成コース
  • アルク語学教育研究支援制度
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • J-SHINE資格
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス

ページ先頭へ