英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語力トレーニング虎の巻 Vol.7 発音編

コミュニケーションの手段としての英語が世界中で広まるにつれて、あまりネイティブスピーカーを目指した発音を目指さなくてもいいという意見も聞かれるようになりました。しかし、相手に自分の意図をきちんと伝え、コミュニケーションをスムーズに行うためには基本的な発音のルールはしっかりマスターする必要があります。



言語が違えば、言語の音の体系もさまざまに違います。すでに日本語をマスターしている日本人学習者にとって、日本語の知識は外国語を学習するときにプラスになることもありますが、逆にマイナスにもなることもあります。



英語の個々の音を学習するときには、まず英語と日本語の音の違いを意識して取り組みましょう。日本人にとって特に難しいのは次のような英語の音です。


1)子音がつながった部分や子音で終わる部分

2)似た音が日本語にない音、日本語で区別しない音



1)の例としては、たとえば日本人の学習者はstudentを「ス+tuden+ト」のように、st-の部分や末尾を日本語の「子音+母音」の音の単位で置き換えてしまう、2)の例としては、thやvの音をサ行やバ行に置き換えて発音したりsとsh、lとrを区別せずに使ってしまうなどがあります。どちらも日本人の話す英語に慣れていない英語話者が聞くと、理解しにくい英語となってしまいます。



英語の個々の音を学習するには練習したい音が入った単語の音声を繰り返し聞いて何度も発音することが重要です。現在はインターネット上に音声素材入りの発音練習サイトが多数あるので、お気に入りのサイトで調音の仕方などを練習するのもいいですし、電子辞書で発音記号と照らし合わせながら単語の発音を覚えてもいいでしょう。発音記号を覚えることは発音を体系だてて知るのにとても役立ちます。



個々の発音に気をつけるとともに、句や文単位でアクセントやイントネーションを覚えてまねすることも効果的です。その際、注意するのは単語間の音の変化です。
in an hourが「イン アン アウア」ではなく「イナナウァ」となったり、Did you? が「ディヂュ?」、don't know が「ドンノゥ」となる変化は、リピーティング、シャドーイング等のリスニング、スピーキングの練習で覚えます。音をまねし、テキストのスクリプトと実際の発話の音の違いを認識して再度繰り返す、といった口慣らし練習を通して自然な発音を身につけるようにしていきましょう。



英語力トレーニング虎の巻 TOPへ

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • コンプリートコース
  • ESAC&JAOS 資格取得応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • らくらくテスト ONLINE<デモ版>
  • Sherpa Channel
  • 英語の先生向け海外研修・実習
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ