英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語力トレーニング虎の巻<Vol.3>

英語力トレーニング虎の巻

■シャドーイング編

●シャドーイングとは?

まず、「シャドーイング」とは英語のshadowingが示す通り、shadow(影)のようになって聞き取った音声にぴったりついて声を出していくという、いわば「オウム返し」のような練習です。一文を聞き終わってから繰り返すリピーティングは、英文をある程度理解して記憶してから繰り返すのに対し、シャドーイングは聞こえた音に反応してまねるので、発音やイントネーションをよりモデルに近いものにすることができます。もともとは通訳者養成のために用いられていた方法ですが、近年は中学・高校などでも行われるようになりました。その効果は主に以下3点に集約されます。


1) 音声を意識することで、集中力を養える
ただ漫然と聞くのではなく、英語の「音の特徴」に集中します。自分でも声に出すのだと意識することで、イントネーションや強弱、発音などに集中して聞けるようになります。


2) オウム返しをすることにより、構文力をつけられる
文章を丸ごと繰り返しますので、構文をそのまま口にすることになります。よって、単語のみではなく、単語の並びそのものを構文として覚えられるようになります。


3) 声を出す楽しさを実感できる
最近は教授法の中で音読の効用が見直されています。音読にしてもシャドーイングにしても、「声を出す」という行為は聴覚的に刺激を与えてくれます。「声を出す楽しさ」を味わうことは、学びへの積極的な取り組みにも結びつきます。


では、具体的な方法を見てみましょう。



●シャドーイングの方法

1) まずは日本語シャドーイングに挑戦
日本語でできない訓練をいきなり英語で行おうとすると、ハードルが高くなってしまいます。シャドーイング自体に不慣れな場合は、まず日本語で取り組んでみましょう。たとえばNHKニュースなど、身近な音声素材を選び、シャドーイングを行います。慣れてきたら、ゆっくりめの英語音声素材を選び実践してみましょう。


2) 英文スクリプト、音声、和訳がある素材を選ぶ
英語学習で大事なのは、英文スクリプト、音声、和訳がある素材を選ぶことです。スクリプトがあれば音を聞いて文字でも確認できますし、和訳があれば意味もチェックできます。「自分にとって少しやさしめかな?」と思えるレベルからスタートし徐々に難易度を上げていくことが継続のポイントです。


3) 最初のうちはスクリプトを見てもOK
いきなりスクリプトなしでシャドーイングに取り組むより、まずは「スクリプトを見ながら」行ってみましょう。次は「不明箇所だけスクリプトをチラ見」「その次は数字や固有名詞だけ見る」「慣れてきたら何も見ずに挑戦」という具合に、自分なりのメニューをステップごとに設けてみてください。ただ漫然と行うよりも、メリハリのある学習ができます。


いかがでしたか?
最近はネット上で音声、スクリプト、和訳がそろった教材がたくさんあります。アドバイス業務の際にはぜひ相談者の興味のある分野を引き出しながら、共に教材を探し、できればシャドーイングを一緒に行ってみてください。
アドバイザーが楽しそうに実践する姿が学習者のモチベーションを引き出します。


英語力トレーニング虎の巻 TOPへ

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ