英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語力トレーニング虎の巻<Vol.2>

英語力トレーニング虎の巻

■ライティング編

●ライティング学習の利点とは?

英語力アップには、「リーディング」と「リスニング」のインプット、「スピーキング」と「ライティング」のアウトプットの4技能強化が大切です。発信力を鍛えるのがアウトプットですが、「ライティング」には、書いた英文が形となって手元に残る、という利点があります。



●ライティングの効果とは?

「難しい」「訂正してくれる人がいない」と敬遠されがちですが、実は鉛筆1本で気軽にできるトレーニング法です。3つの効果をご紹介します。


1) 文章構成力の強化
スピーキングと違い、発信したものが記録に残るのがライティングです。その利点を生かして、書いた文章の表現方法や順序を推敲することでパラグラフの展開を練り上げれば、より論理的で洗練された文章が作れるようになります。 英語を使って熟考するプロセスを経験することで、自分の考えをより的確に分かりやすく他人に伝える英語力を身につけることができるのです。


2) 英語らしい表現、定型パターンのストック
英語のEメール、手紙、会話本、新聞の記事、小説などは表現の宝庫です。ただし、「読む」「聞く」だけではなかなか定着しません。英文を書き写して記録をとっていくと、自由に使えるお気に入りの英語表現が引き出しに溜まり ます。基本構文や例文を紹介した書籍などを利用すれば、場面や状況にふさわしい言い回しを確認することができ、ビジネスEメールや英語日記で活用することで、表現の幅が広がります。


3) 語彙、文法など他の技能の強化
耳から入る英文をなんとなく聞き流すことと実際にそれを書き取れることの違いは大きく、正確に英文を書き取れば聞き取れた内容の総点検ができます。語順、文法、単語の語法やスペリングの正確さも意識できますし、同義語を 紹介する類語辞典を引いたり、接続詞の使い分けを考えたりすれば「語彙力」「文法力」が強化でき、整った文はスピーチや会話にも活用できます。



●効果的なライティングの方法とは?

日課にして、「毎日スキマ時間に少しずつ」書き続けましょう。


1) Eメールや手紙
自分のメールや手紙に返事がくると張り合いがありますね。相手の英文が魅力的であれば、こちらも工夫してお互いを高め合うことができます。


2) ツイッターやブログ
元来英語は簡潔な表現を好みます。ツイッターには字数制限があり、ブログは読みやすさが身上。これらを活用すると自然と冗長表現を避ける工夫をするようになります。


3) 日記や手帳
日記や手帳の一言メモは日々のよい記録になります。学習継続が「見える化」でき、独習でも自己管理がしやすいでしょう。


4) 要約・筆写・言い換え
英文中の単語や表現を使って要約を書いたり、そっくり筆写するだけでも記憶に残りやすくなります。言い換えればパラフレーズの練習となり、類語の知識も増やすことができます。




●ワンポイントアドバイス

CDを聞き、音読で口慣らしをした英文を素材に、毎日15分ライティングをしましょう。文法や語彙を強化しながら4技能を網羅する理想的なトレーニングになります。異なるスキルを組み合わせて学習することで相乗効果も期待できます。1カ月間継続できた時の自分へのご褒美も予定表に書いておき楽しみに続けましょう!


英語力トレーニング虎の巻 TOPへ

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ