英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

助けて!マスター・アドバイザー<第十回>

助けて!マスターアドバイザー

英語学習アドバイザー資格を取得して新たな一歩を踏み出した途端、さまざまな学習者に翻弄されるのがアドバイザーの宿命。
実際の現場で四苦八苦する無数のアドバイザーのお悩みにマスター・アドバイザーの新垣裕子さんが温かい視点で解決のヒントを全11回の連載で与えてくれます。
各回のテーマは、すでに400名を超えるESAC事務局登録の英語学習アドバイザーが、実際のアドバイジングセッションの現場で遭遇したさまざまな事例について取り上げていきます。


第十回 英語力が高い相談者への寄り添アドバイス方法


イメージ 英語力が高い人に、どのようなアドバイスをしていいかわからなくなります。
どのようなアドバイスをすればいいでしょうか。



イメージ


イメージ
「TOEICは900点を超えていて......」、「海外に10年程住んでいて、日常会話には不自由はないのですが......」。
これらは、私が実際にお会いした相談者の一例です。英語学習アドバイザーとして、英語力の高い相談者にお会いする機会は少なくありません。
相談の第一声が上記のような現状報告であることも多く、「そんなに英語力が高いのに、何のアドバイスが必要なのだろう」と身構え、「どうしよう......」とちょっと焦ってしまうことも......。ただ、冷静に振り返ると、相談者はまだ具体的な相談内容を述べておらず、アドバイザーが困る必要は何もありません。どのようなアドバイスをしたらいいのかは、相談者が教えてくれるものです。

英語学習をしていて不安や悩みを感じるのに、英語レベルは関係ありません。そして、「英語ができる」と「学習方法を知っている」は常にイコールの関係ということではなく、学習目標や学習計画の設定、学習方法の選択、モヤモヤする悩みの明確化などは学習者一人ではうまくいかないこともあります。「英語学習」のプロである英語学習アドバイザーに求められるのは、専門知識や経験に基づいて行う「学習アドバイジングの力」です。いつも通り、目の前の相談者の声を丁寧に傾聴し、何につまずいて相談に来ているのか、どんなサポートを必要としているのかをしっかりと確認して、相談者に寄り添ったサポートをしていきましょう。

英語力が高い方の中には、自己流で学習してきたという方も多くいらっしゃるので、学習を一緒に振り返り、英語の4技能とそれを支える3つの知識(文法、語彙、発音)がバランスよく学習できているかを分析するのがお勧めです。効果的な記憶の方法や自分に合ったレベルの教材の選び方などを第二言語習得の理論を交えながら相談者に説明することで、相談者も学習方法の効果を納得でき、安心して学習を継続したり、課題克服のための改善に取り組んだりできます。

イメージ 相談者は、アドバイザーに聞いて欲しいことを抱えて相談にやってきます。どんな時も落ち着いて相談者の悩みを受け止めましょう。そして、英語学習アドバイザーとしては、常に学び続け、学習法やツールなど提案の選択肢も広げておきたいもの。実際に様々な学習法を試しながら、自分自身の英語力向上の努力も続けていきましょう。



トップページへ

著者プロフィール


新垣 裕子(あらかきゆうこ)
ESAC マスター・アドバイザー
文学部国文学科卒業後、オーストラリアで2年間語学留学を経験、現地でTESOLを取得。英語講師として語学学校、企業にて幅広い講座を担当し、英語学習アドバイザーとして琉球大学に勤務。その後、拠点を東京に移し、多くの企業・大学で英語学習アドバイザーとして活動。TOEIC990点、英検1級。2018年に英語学習アドバイザー(ESAC®認定マスター)、JAOS認定留学カウンセラー資格取得。

  • 資格認定制度のご案内
  • 英語学習アドバイザーコース

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • J-SHINE資格
  • 事例紹介
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • ライティングスキルのツールボックス

ページ先頭へ