英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

助けて!マスター・アドバイザー

助けて!マスターアドバイザー

英語学習アドバイザー資格を取得して新たな一歩を踏み出した途端、さまざまな学習者に翻弄されるのがアドバイザーの宿命。
実際の現場で四苦八苦する無数のアドバイザーのお悩みにマスター・アドバイザーの新垣裕子さんが温かい視点で解決のヒントを全11回の連載で与えてくれます。
各回のテーマは、すでに400名を超えるESAC事務局登録の英語学習アドバイザーが、実際のアドバイジングセッションの現場で遭遇したさまざまな事例について取り上げていきます。


第二回 非現実的な目標を掲げる学習者について  [毎月更新] 2019/6/28 UP!


イメージ 30代会社員の男性にTOEICスコアを上げるためのアドバイスをしています。
3カ月で300点のアップを目指して学習していますが、内心達成できるとは思えません。目標はご本人が決めることなので、学習者の希望に寄り添い、このままアドバイスを続けるべきでしょうか。


イメージ



相談者の学習意欲が高いのは素晴らしいことです。しかし、目標設定が高すぎると、せっかくのモチベーションをくじいてしまうかもしれません。3か月で300点は難易度が高すぎる気がするものの、学習目標は相談者本人が決めるもので、アドバイザーが勝手に変更することは出来ないし...。そんな時こそ初心に戻り、相談者の声をじっくり聞いてみましょう。

まずは相談者が高い目標を設定する理由を確認しましょう。
差し迫ってTOEICのスコアが必要なのか、それとも「目標は高く!」と自分を鼓舞するためのゴール設定なのか等、理由によって対応方法は変わってきます。ただ、どのような理由であれ、相談者の意欲を認めつつ、目標達成が難しいであろうことを伝えるのもアドバイザーの役目です。そして、その際には「無理」と断言するのではなく、達成が「難しい」旨をしっかりと根拠や理由を添えてお伝えすることが大切です。 今回のケースのようにTOEICのスコアアップであれば、少し古いデータですが元早稲田大学教授・三枝幸夫先生の『Prediction of English Proficiency Progress』(1985)や、現在活躍されているTOEIC講師の先生方のデータ分析結果などを基に、「100点アップのためには200~300時間の学習が必要と言われています」などと具体的な数字を出し、「どれくらい学習時間を取れそうですか」と質問を投げ掛けてみます。相談者が冷静に自らを振り返り、目標が実現可能なものかを考えるきっかけになるでしょう。

それでも相談者から目標の変更がなければ、そのまま目標達成に向けた学習計画を立てていきます。スコアシート等の客観的データも使いながら相談者の現在の英語力を分析し、目標達成に必要なスキルを考え、学習法をご提案、「目に見える形」で「具体的」な学習計画へと落とし込みます。
3カ月で300点という大目標をいくつかのステップに分割し、小ゴールを設定、学習しながら定期的にセッションに来るよう提案するのもお勧めです。セッションを通じて現実的な方向へと軌道修正を図ると同時に、目標達成に向けて頑張っている相談者の成功を信じ、モチベーション維持に配慮しながら肯定的にサポートしていきます。

どんな時も、状況を的確に判断する冷静さと相談者の成功を信じる情熱の両方を併せ持つアドバイザーでいたいですね。



バックナンバーはこちら

著者プロフィール


新垣 裕子(あらかきゆうこ)
ESAC マスター・アドバイザー
文学部国文学科卒業後、オーストラリアで2年間語学留学を経験、2004年に現地でTESOLを取得。2006年より英語講師として幅広い講座を担当し、2011年からは琉球大学に英語学習アドバイザーとして勤務。その後、拠点を東京に移し、多くの企業・大学で英語学習アドバイザーとして活動。TOEIC990点、2018年に英語学習アドバイザー(ESAC®認定マスター)、JAOS認定留学カウンセラー資格取得。

  • 資格認定制度のご案内
  • 英語学習アドバイザーコース

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ