英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語学習アドバイザーの基礎知識<Vol.19>

英語学習アドバイザーの基礎知識


相手の見方を変えてみよう(元気がでることば)


イメージ

アドバイザーは初めて来訪される相談者のために、基礎情報を記録するための「英語学習アドバイジング・シート」といったものを用意しています。

これは相談者との会話のきっかけ作りと、今までの学習記録を確認するために使います。現在の英語テストのスコア(TOEIC®/TOEFL®)・英検合格級・英語スキル(聞く / 文法 / 語彙 / 長文読解 / 会話など)の得意・不得意の度合いなどを自己申告してもらいます。「具体的な目標」のほかに、「気になっていること」「将来の夢」を記入いただくこともあります。


また、「ご自身の性格は?」の欄に、前向き・努力家・短気・忍耐強い・マイペースなどから選んで○をつけていただいたり、カッコ内に自由に記入していただくと、学習タイプ・スタイルをある程度把握することもできます。

相談者の性格は、相談内容と同様に十人十色です。より効率よく目標を達成するため、相談者は客観的に自分の英語力や自分自身について見つめ直し、アドバイザーは相手をよく知って相談に応じるのが望ましいのではないかと考えています。相談者が前向きに学習に取り組めるよう、相談者のよい部分を見つけてあげたいものです。

例えば、下記のようなネガティブなことも、見方を変えればポジティブに受け止めることができます。


「飽きっぽい」→「好奇心旺盛」
「続かない」→「趣味が多い」
「マイペース」→「考えがはっきりしている」「信念がある」
「自分に甘い」→「おおらか」
「短気」→「行動的」「行動が機敏」
「面倒くさがり」→「細かいことにこだわらない」
「変わっている」→「個性的」「独自性」

                     (参考:リフレーミング辞典)


相手のよい部分を認めることで「よしやろう!」という気持ちになってくれたら素敵ですね。

そして、信頼・期待される相談者は必ず自発的に学習するようになると信じ、アドバイジングの締めくくりには、「来てくれてありがとう」「すごいね」「頑張っているね」「応援しているよ」など『元気がでる言葉』をかけて次回につなげるように心がけたいものです。




 

バックナンバーはこちら

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ