英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語学習アドバイザーの基礎知識<Vol.17>

英語学習アドバイザーの基礎知識


一回きりではないアドバイス―継続するメリットの実感


イメージ

TOEIC ®に関連したご相談ではこんなご質問をよく受けます。


 「短期間で力がつく効果的な学習法を教えてもらえませんか」


すぐにもスコアを伸ばしたいのに問題集を買ってもすぐ途中で挫折してしまうということで、「いい問題集を教えてもらえませんか...」と聞かれるものの、どうも単語や文法でつまずいていらっしゃるのでは、と感じることもよくあります。


単語や文法がよく理解できていないと実践的な問題集は返って遠回りの学習になることがあります。地道に反復学習を続けて基礎を理解してこそ、テスト問題の特徴や攻略法を知るといった応用部分が活用できるからです。


しかし、相談者にとっては限られた時間を英語の基礎体力作りをする、つまり、復習に費やすのはとても勇気のいることですし、それよりは手早くスコアのあげられるテスト対策に当てたいと思うのは自然なことかもしれません。


一回だけのアドバイジングではそのへんのすり合わせが十分にできず終了してしまうことがあります。相談はしてみたものの、一瞬で目の前が開ける魔法のような学習法はないことがわかり、ご相談者の期待がしぼんでアドバイスも実行されないままに終わってしまうこともあるかもしれません。

一方、アドバイジングで継続的なフォローアップができれば、相談者は目標を調整しながら学習を進めることができ、自学自習で行き詰ることの多かった日常を変えていくことも可能になるのです。


英語学習は長距離走のようなものです。アドバイザーはご相談者の伴走者として信頼関係を築きながら、相談者が最終的な目標を達成するまで続けられるよう継続的なフィードバックで支えることが大切です。双方向の対話によって相談者自身が得た気づきをうまく行動へつなげ、定着させていけるようにすることがアドバイザーの目標でもあるのです。




 

バックナンバーはこちら

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ