英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語学習アドバイザーの基礎知識<Vol.11>

英語学習アドバイザーの基礎知識


学習ツールのバリエーションと選び方


語学は長期間に渡るもの。せっかく素晴らしい学習法や教材で学習をスタートしても、続けにくい環境だと継続が難しくなります。
そこで英語学習のアドバイジング・セッションでは、「いつ」「どこで」学習するのかといった環境面に配慮しつつ、それに適したツールを選択することにも心を配りたいものです。


例えば「海外ドラマでリスニング練習をしましょう!」というとき。
その「海外ドラマ」はいつどこで観るのでしょうか。そして、そのためにはどのようなツールで観るのが取り組みやすいでしょうか。


週末に家でゆっくり観たいのなら、テレビの大きなスクリーンで観るのがよいかもしれません。
DVDなら音声や字幕の言語を自由自在に変えられますし、一方でオンラインの動画配信のほうが入手するのは簡単です。また、自宅でと言っても、家族の手前、テレビ画面で観にくい場合にはパソコンのほうがよいという場合もあり得ます。また、忙しくて電車の移動時間くらいしか余裕がない人には、スマートフォンやタブレットが便利でしょう。


単語学習やTOEIC®のような試験対策の教材にも様々なバリエーションがあります。
書店に並んでいる書籍だけでも数えきれないほどの種類がありますが、それ以外にもスマホのアプリやネットの学習サイトなどもどんどん新しいものが出ています。スピーキングも、今では英会話スクールに通学しなくても、パソコン、タブレット、スマホからスカイプでレッスンを受けたり、世界の人たちとチャットすることも可能です。


最新のデバイスを使用すればよいというわけではなく、従来のように紙のテキストで学ぶ方が好きだという人もたくさんいます。

ただ、プロの英語学習アドバイザーとしては、このような多様な可能性を知った上で、セッションでは相談者のライフスタイルや好み、英語学習の目的や優先度、相談者にとって使用可能なツールなどの情報をきめ細かにヒアリングした上で、その相談者にとってベストだと思える提案をしたいものですね。




 

バックナンバーはこちら

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ