英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語学習アドバイザーの基礎知識<Vol.6>

英語学習アドバイザーの基礎知識


「いつ」「どこで」を明確にして背中を押す


まずは想像してみてください。あなたは英語学習のアドバイスを受けに来た相談者です。アドバイジングのセッションのあと、次のどちらの計画の方が学習を始めやすいでしょうか?

ケース1)「リスニングの教材を毎日聞く」

ケース2)「今日中に、リスニングのCD音声をスマホに入れて、明日から毎日、通勤電車で聞く」

ケース1のアドバイスでも、学習を開始して軌道に乗せることはできるかもしれません。しかし、ケース2のような具体的な行動計画がある方が、いつ何をすべきか明確になり、実際に行動に移しやすいのではないでしょうか。


英語学習アドバイザーは、相談者一人ひとりの状況に合わせた学習法を提案しますが、本当に英語力を伸ばしてもらうためには、セッション後にそれを相談者自身に実行してもらう必要があります。

セッションでは学習法をアドバイスしたら終わりではなく、最後にもうワンステップを踏んで、ケース2のような具体的な行動計画に落とし込むことによって、相談者がセッション後に計画を実行しやすくなるようサポートしましょう。

学習法や教材が決まった段階で、「では、いつから始めますか?」「どこで学習しますか?」といった質問を投げかけつつ、相談者が実際の行動をイメージしながら具体的な計画を立てられるように導いていきましょう。


「何を、なぜ、いつ、どこで、誰と、どのように行うのか」――
このような5W1Hを明確にし、相談者が次の一歩を踏み出しやすいようにやさしく背中を押すのも、英語学習アドバイザーの大事な役目です。




 

バックナンバーはこちら

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 資格取得応援キャンペーン
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ