英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語学習アドバイザーの基礎知識<Vol.5>

英語学習アドバイザーの基礎知識


「日常会話ができるようになりたい」にどう答える?


英語学習相談の中には、「TOEIC(R)で○点取りたい」「短期留学したいんだけど」のような具体的なものから、「英語ができるようになりたい」といった漠然としたものまで、さまざまな相談があります。


中でも、最近特に多いと感じるのが「日常会話くらいできるようになりたい」というもの。
世界中のグローバル化はもとより、2020年にオリンピックを控え、日本を訪れる外国人観光客も急激に増える中、「日常会話」くらいは教養としてできるようになりたいと思う人が急増しているように思います。


ただこの「日常会話」というのが意外と曲者。「日常会話」っていったい何?


日本語での「日常会話」で考えてみてください。実にさまざまなシーンや言葉があることに気付かれるのではないでしょうか。天気の話や買い物、道案内など、比較的お決まりのパターンもあれば、現在の状況や過去の出来事について述べたり、自分の意見や感情を伝えたり、さらにはそれに関する質問や感想なども含まれるでしょう。私たちの日常のやり取りを振り返れば、「日常会話」といってもかなり幅広く、ときには奥深いものでもあることがわかります。


では「日常会話ができるようになりたい」という相談を受けたら、英語学習アドバイザーとしてはどのように対応すればよいのでしょう?


日常会話に限らず、このような漠然とした相談を受けた場合には、まずは相談者のさまざまな状況を確認するところから始めます。「どのような会話ができるようになりたいのか」「それにはどのような単語やスキルが必要なのか」「今の英語のレベルはどれくらいか」「毎日どの程度学習できるのか、あるいはするつもりがあるのか」などなど。対話を通して相談者の状況を把握していくことで、その人のニーズや希望にあったアドバイスにつなげていくことができます。


「日常会話ができるようになりたい」。こんな相談を受けても、焦らず、安直な回答をせず、まずは落ち着いて相手に問い返すところから始めてみてはいかがでしょうか。




 

バックナンバーはこちら

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

      
  • アルク語学教育研究支援制度
  • アルク創立50周年特設サイト
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 英文法のキソ
  • 助けて!マスター・アドバイザー
  • スピーキングのツールボックス
  • アルクplus

ページ先頭へ