英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

JAOS認定 留学カウンセラー資格

  • 留学希望者に対して"成功する留学"のためのカウンセリングスキルを身につける!
  • JAOS認定 留学カウンセラー資格
  • 協力グローバル人材育成のニーズがさらに高まる昨今、そのステップとしての留学を支援する動きが大きくなりつつあります。そんな中、留学を希望する方々に対して適切な情報の提供と、一人ひとりへのアドバイスができる人材を育成する必要性が急速に高まってきています。
    一般社団法人海外留学協議会(JAOS)が認定する、"JAOS認定 留学カウンセラー"は、留学業界に従事するスペシャリストのためだけの専門資格ではなく、英語指導者や教育関係機関にお勤めの方、や国際交流担当者など、より幅広い層の方々に留学カウンセリングの知識とスキルを身につけていただくための資格として、認定資格の取得者が増え続けています。
  • 留学カウンセラー資格と取得の流れ
  • 資格取得のための指定教材
  • 認定試験について


資格取得応援キャンペーン(7/31まで)

英語学習アドバイザーの仕事とは?

どんな人?

留学カウンセラーは、留学を希望する人に情報やノウハウを提供し、留学実現に向けて支援し、その人のキャリア設計に的確なアドバイスをする人のこと。留学アドバイザー、留学コンサルタント、留学コーディネーターとも呼ばれます。

どんな仕事?

対面、電話、メールを通してカウンセリングを行い、留学先国や学校選びなどの留学プランの提案をしたり、学校への入学手続き、航空券の手配、留学に関する費用や滞在期間についてのアドバイスや実務まで留学全般にわたります。

仕事に就くには?

留学カウンセラーは、留学エージェントや海外留学を取り扱う旅行会社、交流団体、海外教育機関に勤務するほか、大学の国際交流部門や中学・高校の進路相談担当や国際交流担当として、留学を支援する業務に就く道があります。

資格を取得するには?

この資格は、一般社団法人JAOS海外留学協議会が認定する、留学希望者に情報やノウハウを提供し、留学実現に向けて支援する「プロの留学カウンセラー」として活躍いただくための資格です。
JAOS認定 留学カウンセラー資格を取得するためには、JAOS主催の「認定試験」に合格しなければなりません。
そのためには、まずはじめに資格取得のための指定教材『JAOS認定 留学カウンセラーコース』で自己学習を行います。その後、JAOS事務局に「認定試験」の受験申込を行い、1日で行われる筆記試験・面接試験を受け、審査の結果、合格であればJAOSから留学カウンセラーとして認定されます。
認定試験は毎年3月と9月に東京・大阪で1日で実施しており、年2回の受験のチャンスがあります。


資格制度詳細

JAOS認定留学カウンセラー資格取得の流れ

こんな方におすすめ

海外とのやり取りがある国際派の仕事に就きたい グローバル人材育成や教育に関わるやりがいのある仕事をしたい 留学経験や海外体験、語学力を生かしたい 教育機関で進路相談を行っているが、留学についてはよく知らないので不安



資格取得応援キャンペーン(7/31まで)

本教材の詳細・お申し込みはこちら


資格取得のための指定教材

一般社団法人海外留学協議会(以降JAOS:ジャオス)は、留学を志す人たちが安心し、信頼して、相談することができる環境作りの一環として、2007年3月、留学カウンセラーの一定水準以上の質を保証するJAOS 認定留学カウンセラー(以降JAOScc)の資格制度をスタートしました。「INITIATIVE FOR PROFESSIONALSシリーズ JAOS認定留学カウンセラーコース」は、JAOSよりカリキュラムの提供を受け、この資格認定試験に完全対応した、唯一の独習プログラムです(認定試験受験1回分付)。

  • Initiative for Professionals JAOS認定 留学カウンセラーコース
  • 価格 : 58,320円(税込)

     ただ今、49,800円で受講できます!【2018/7/31まで】

     詳しくは⇒こちら

    国内送料無料。会員の方は10%OFFにてご購入いただけます。
  • 商品コード : 9515004
  • ISBN : 9784757426733
  • 商品構成 : 特製ボックス入り(テキスト3冊+DVD2枚)
    ※お申し込みから2年以内に実施される、「JAOS認定 留学カウンセラー認定試験」を1回受験料無料で受験することができます。
    ※確認テストとテスト採点サービス、受講生サポートはありません。
  • 標準学習期間 : 3カ月(標準学習時間90時間) ※1カ月の集中学習で終えることも可能
  • 監修: 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
  • 製作・販売: 株式会社アルク
JAOS理事・事務局長 星野 達彦

監修者の声

JAOS理事・事務局長 星野 達彦 1986年から留学事業のキャリアを積み、25年以上の経験の中で数多くの留学カウンセリングや大学・政府関連機関主催の留学イベントなどでの講演をこなす。海外での多くの国際会議に参加するとともに世界の600校以上の学校を視察している。
また日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)の活動を通じ留学カウンセラーの育成にも尽力している。著書に「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)、「英語はアジアで学べばうまくいく」(秀和システム社刊)がある。

このコースで一番力を入れたのは、実際の留学カウンセリングをより実践的、かつ具体的に学べるようにすることでした。テキストで留学カウンセリングの流れや、留学種類別留学相談のポイントを学んだ後に、DVDで実際のカウンセリングのやり取りを観ながら学習することにより、より具体的に留学カウンセリングをイメージしてもらい、自分がカウンセリングを行う時の参考にしてもらうことができるようになっています。DVDにはよくある5つのカウンセリングケースを収録し、そのポイントを解説しています。

テキスト部分では学習者の視点に立ちより分かりやすく学びやすい構成や内容に作られています。必ず覚えておくべき内容と、資料として知っておくべき内容を分けたことや、各章ごとにその章のポイントを確認するページを入れたのも、その方針に沿ったものです。また、最近の留学カウンセラーには語学学習アドバイス、キャリアアドバイスを求められますし、コーチングやマーケティングの知識も必要なことから、それらの基礎知識も学べるように内容を充実させています。是非多くの方がこのコースで勉強し、留学カウンセラーを目指してほしいと思っています。




資格取得応援キャンペーン(7/31まで)

本教材の詳細・お申し込みはこちら


留学カウンセラー認定試験について

JAOS主催「留学カウンセラー認定試験」は、筆記試験と面接試験で構成されて、1日で実施します。
筆記試験と面接試験を通して、留学カウンセラーに求められる知識と資質の審査を行い、所定の成績に達した方に、「JAOS認定留学カウンセラー」の資格を授与します。
※認定試験のみのお申込みはできません。弊社から販売の「資格取得準備キット」(旧テキスト)または「JAOS認定留学カウンセラーコース」(新テキスト:2015年11月以降ご購入)
  をお申込みになり、テキスト学習を修了した方のみが受験対象となります。

第24回認定試験の申込受付を終了しました。
次回認定試験の申込みの受付開始は、2018年6月頃を予定しています。
受付開始時はお申し込み方法とあわせてこのページにてご案内いたします。今しばらくお待ちください。

試験実施日・
会場
【第25回認定試験】
 2018年9月23日(日):東京
 2018年9月30日(日):大阪
受験料 初回受験者:無料

※テキスト代金に含まれます(不合格者の再試験は有料となります)。
※受験票発効後のキャンセルはいかなる場合でも、次回受験時有料での再受験となります。

再受験料:10,800円(税込)
試験概要
(筆記試験および面接試験)
筆記試験(90分)

新旧テキストの内容に基づいた基礎知識を問う選択式問題と記述式問題を出題

面接試験(15分程度)

試験官2名に対して模擬留学カウンセリングをしてもらう形式で行います

※試験時間について
・申込人数と試験会場の都合により、筆記試験と面接試験の間にお待ちいただく場合がございます。
・実施時間は、申込締切日 2018年2月21日(水) より10日以内にJAOS事務局よりメールにて受験票を送付の上、お知らせいたします。

※遅刻について
・遅刻は一切認められませんのでご注意ください。

JAOS認定留学カウンセラー認定試験受験要件

JAOS認定留学カウンセラーの認定試験を受験するためには、受験時に、 以下の条件を満たしていなければなりません。

留学知識 「JAOS認定 留学カウンセラーコース」もしくは「JAOS認定 留学カウンセラー資格取得準備キット」で留学カウンセラーに求められる知識を習得する
異文化理解 合計1カ月以上の留学経験あるいは異文化体験(海外生活体験)を持つ
年齢 20歳以上
語学力 英検2級相当以上の英語力もしくは他言語において日常会話レベルの語学力

※各資格を申込メールに入力の上、資格証明書のコピーをメール添付、またはFAXにて送付いただきます。
※海外の高等教育機関の卒業書をもってこれに代えることができる
※認定試験の受験時に、写真付き公的証明書(パスポートや運転免許証など)による本人確認を行います。

よくある質問

【認定留学カウンセラー資格について】

  • 認定留学カウンセラーの資格を取得すると、留学エージェントに就職できますか?
    たとえば、JAOS会員一覧として掲載されている法人への採用は有利になりますか?
  • 認定留学カウンセラーの資格を取得していることは、留学の基礎知識を身につけていて、資格を取得するために努力したことの証明になります。
    通常、留学エージェントで行う新人研修の一部分が必要なくなり、採用する側にもメリットがあります。 また、JAOS認定留学カウンセラーを正会員とする日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)では、サイトを開設し、会員の留学会社・団体や大学など教育機関の国際交流部門の求人情報を提供しています。

【受験要件について】

  • 1カ月以上の留学経験を求める理由は何ですか?
  • 留学カウンセラーをやっていく上で、異文化理解が必須であり、それを体得するには留学や海外生活体験が役立つからです。
  • 1カ月以上の留学経験もしくは海外経験をどのように証明すればよいですか?
  • 証明書類の提出は不要ですが、「認定試験」の受験申込フォームに留学および海外経験をご記入いただきます。
  • 受験年齢に達していることをどのように証明すればよいですか?
  • 「認定試験」受験時に、写真付き公的証明書(パスポートや運転免許証など)を提示いただき、記載内容で確認いたします。
  • 英検2級相当以上の外国語能力が必要な理由はなぜですか?
  • 情報収集のために海外のウェブサイトを閲覧したり、カタログを読んだり、留学先とのメールや 電話のやりとりで英語を使います。
    とはいえ、日常業務は日本語で行いますし、 留学先でも日本語ができるスタッフを置いていたりするケースも増えています。
    そこで、最低限のやり取りができるという英検2級相当以上としています。
  • 英語以外の外国語でもよいのですか?
  • スペイン語、フランス語、韓国語、中国語などでもOKです。留学実務をする上では、日常会話レベルの最低限の外国語能力が求められるからです。

【認定試験について】

  • 認定試験はどういう形式で行われますか?
  • 筆記試験と面接試験で構成され、1日で行われます。
    筆記試験では、選択肢の中から正解を選ぶ選択式問題と、論述式問題が出題されます。
    面接試験は、受験者一人あたり10分程度のインタビューテストです。
  • 審査で不合格の場合、再受験はできますか?
  • 受験から12カ月以内であれば、「認定試験」の再受験が可能です。

【資格の更新について】

  • 資格は何年間有効ですか?
  • 資格の有効期間は初回は取得から5年で、以降は2年ごとに資格審査のうえ、更新となります。
  • 更新の条件は何ですか?
  • 資格有効期間内に更新の案内をお送りします。
    レポート(テーマ3つの中から選択、A4一枚、メール添付で提出、2,000字以内)をご提出いただき、資格要件の審査を行います。
    更新料は認定証(IDカード)込みで6,000円(税別)がかかります。

<お問い合わせ先>
文教営業部  kke@alc.co.jp
返信アドレス先はパソコンのメールが受信できるメールアドレス、もしくは、@alc.co.jpドメインを受信できるように設定してください。




資格取得応援キャンペーン(7/31まで)

本教材の詳細・お申し込みはこちら


ページ先頭へ