英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

夏の絵日記2

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

夏の絵日記2


対象年齢 制限なし(学習のレベルによって難易度を調整できます)
人数 制限なし


いよいよ夏休み! 夏の間にしたいことなどを絵日記で表現します。
天気や日付などの記入例や表現指導、また実際にあった出来事を書かせる場合の指導は、バックナンバー「夏の絵日記」「日記に挑戦!」をあわせて参考にどうぞ。

夏休みにしたい事柄や行きたい場所の言い方を学びます。
表現例: the beach, the mountains, the movies, my grandparents' house
など......

表現例は、"I'm going to ~" に乗せて使えるように名詞形で提示します。
『子ども英語』2010年8月号の付録カードにある表現を使ってみましょう。


【1】 口頭練習
  絵カードを使って、単語と意味が一致するように口頭練習をします。
読み書きを習ったクラスの場合、口頭練習のあと書く練習もおこないます。未習得のクラスは絵を中心に絵日記を描かせ、その後口頭発表をおこないます。
  
【2】 I'm going to に乗せて言う練習
  これからおこなうことを表現する場合、英語で "I'm going to"を用いるということを生徒に説明します。

名詞をおぼえた次は、"I'm going to ○○." とフルセンテンスで言えるように口頭練習します。いきなりフルセンテンスで言うのが難しいようなら、最初は先生だけが "I'm going to" を言ってあげ、生徒は先生が示す内容をつづけて言うようにするとよいでしょう。

T : I'm going to ...(the beach のカードを見せながら)
Ss: The beach.

なれてきたらフルセンテンスで言う練習をおこない、
さらに書く練習へと移ります。
   
【3】 "I'm going to" +日にち (on August ○○)
  余力があるクラスは、実際におこなう日にちまで書かせます(生徒の学習レベルにあわせて決めましょう)。
センテンスは、 "I'm going to the mountains on August 7th."のようになります。

ワンレッスンでここまで到達するのが困難と判断した場合は、生徒の習熟度を見計らいながら何レッスンかに分けて導入、練習をおこないます。
【4】 絵日記を書こう!
  用意する物:用紙、色鉛筆など

生徒に絵を描かせます。レイアウトは
クラスでフォーマットを決めてもいいですし、
自由に描きたいようであれば生徒に任せましょう。

絵日記に文章を書かせる場合は、スペースを空けておくなどの指示をしてください。
幼児や文字を習っていないクラスでは、絵のみでもいいですし、代わりに先生が書いてあげてもいいでしょう。
いずれにしても自分の作品を発表させるようにしてあげ、発表の際は習った表現を言うように促します。
小学校でおこなう場合
文字を書くことを目的とせず、夏休みの予定を絵に描いて、順番に発表させましょう。全員に発表させる時間がない場合は、6人程度のグループにして、グループ内で発表させます。



Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • クリスマスキャンペーン
  • 資格取得応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ