英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

反意語(形容詞1)

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

反意語(形容詞)


対象年齢 幼児~小学生
人数 制限なし
年齢や学習歴に応じて難易度を変えておこないます。

形容詞は、ただ暗唱するより反意語をペアにすると楽しくおぼえられます。ジェスチャーを使いながら発話させましょう。


まず、クラスごとに既に習った形容詞の数を調べてみましょう。
学習歴が長いほど既習の数も多くなるはずです。
そして、すでに対で知っている形容詞はすぐに使用できますのでより分けておきます。
次に、残った形容詞の対語となる形容詞があれば、新規に導入します。
 
【扱う形容詞の例】

full-empty, light-heavy, tall-short, fast-slow
アルク『子ども英語』2009年12月号のふろくには、16種類の形容詞カードがついてきます。
   
口頭練習
 
1. 手持ちのカードのイラストや写真にあわせて表現を練習します。 反意語をペアとして立て続けに口頭練習させるのがポイントです。
例:full-empty, light-heavy など
『子ども英語』2009年12月号のふろくを使用した場合
The sleigh is full/empty.
The present is light/heavy.
The Christmas tree is tall/short.
   
2. 1の口頭練習の要領で今度はカードを逆さまにして見せます。
その場合、生徒はカードの反意語を言わなければなりません。

T: If the card is shown upside down, please say the opposite adjective.
(Tは、"The sleigh is full." のカードを逆さまにし、生徒に見せる)
   
Ss: The sleigh is empty.
  逆さまでないときは、そのままの形容詞を言わせます。

3. 教室にあるもので、形容詞の対比で使えそうなものがあれば ランダムに見せて口頭練習します。
 
【例】 教師は水の入ったペットボトルと空のペットボトルを生徒に見せながらおこないます。

T: This ...
(水の入ったペットボトルを見せながら
重そうなジェスチャーをします)
   
Ss: This plastic bottle is heavy.
   
T: This ...
(空のペットボトルを見せながら軽そうなジェスチャーをします)
   
Ss: This plastic bottle is light.
  先生は、ジェスチャーや表情をおおげさにし、生徒に見せましょう。
   
アクティビティ
  生徒それぞれに好きな形容詞と名詞を使って文章を組み立てさせます。
描写がわかりやすいように簡単な絵を描かせたり、好きな持ち物をみんなに見せながら発表したりしてもよいでしょう。
S1: This rock is heavy. This rock is light.
(2つの石を見せながら)



Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • クリスマスキャンペーン
  • 資格取得応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ