英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

折り紙を取り入れた授業

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

折り紙を取り入れた授業

対象年齢 幼児~中学年
人数 制限なし
子どもたちが大好きな折り紙あそびを、英語を通して楽しくおこないます。教師は折り方の英語の指示語が自然に口からついて出てくるようおぼえておきましょう。
主目的となる単語や表現は、子どもたちの年齢や学習習得内容にあわせて設定します(例:形<square、 triangle、 rectangle>や折り紙の色、数など)。
  


基本的な指示語:
指示は「短く簡潔に」におこないます。子どもたちになじみのある up/down、left/rightなどをモデルを示しながら、視覚と聴覚で理解させるよう促します。
"fold"「折る」指示のバリエーション
Fold the paper up/down.(上/下に折る)、
Fold the front sheet up/down.(手前の紙を上/下に折る)、
Fold and crease the paper.(折ってあとをつける)
Fold and unfold.(一度折って開く)、
Fold the left/right corner up.(左角/右角を折る)

そのほかの指示語
Flip over.(ひっくり返す)、
Flatten.(平らにならす)、
Tuck inside.(中に折り込む)
指示する位置を明確にしたい場合は、"fold it up"のように、itをつけて言うとよいでしょう。
作業のあいだは、英語による指示を通し、子どもたちが言えそうな部分はリピートして発話を促しましょう。

T: Let's fold it up.(指を上に向けるなど、upの理解を促す動作をしながら語いを強調して言う)
Ss: (Fold it) up.
T: OK. Now, unfold it.(折った個所を開きながら)
Ss: Unfold it.


Let's make PAKU PAKU(パクパクを作ろう!)
短時間でかんたんにつくれます。指示語は以下を参考にしてください。
インターネーットが使える環境であれば、以下のウェブサイトで多くのバリエーションを見ることができます。
>> http://www.origami-club.com/en/
T: Fold it (in half). What shape is it?
半分に折ってください。どんな形?
Ss: A rectangle.
T: OK. Fold it again. Now, what shape did it become this time?

さらに折ってみて。今度はどんな形?
Ss: A square.
T: Good. A small square.
Now, please unfold the sheet.
 開いてください。
Fold each corner to the center (to make a big square).
4つの角を中心に向けて折ってください。
Flip it over. ひっくり返して。
Fold each corner to the center again.
4つの角を中心に向けて折ってください。
Now it's a small square again! 小さい四角だね!
Ss: A small square.
T: Fold it in half to make a triangle.

半分に折って、三角をつくります。
Lift a corner up and flatten it to make a square.
三角の角を持ち上げて四角になるように折ります。
Flip it over, then lift the other corner up and flatten it to make a square.
ひっくり返して、三角の角を持ち上げて四角になるように折ります。
Put your thumbs and index fingers into the four open parts.
Move the flaps!

手前の紙を広げ、親指と人差し指を中に入れます。
T: Move your thumbs and fingers from side to side.
親指と他の指を交互に横に動かしてみて。
T: Move them up ... and down. 指を上に、下に動かして。

アクティビティのバリエーション
1. パクパクに絵を描いて、開いた顔の表情をみんなで言う(happy, sad, angry, thirsty, hungry)
2. パクパクの口の中に数を書いて、開いたとき出た数を英語でみんなで言う。
3. 2.の数に対応する既習の表現(例:1=jump, 2=touch the ground, 3=shake handsなど)を決めて、それぞれ出た数の動作をおこなう。



Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 理系・医学の英語応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報

ページ先頭へ