英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

It's Christmas!

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)

   

It's Christmas!

 

テーマ:クリスマスの単語や表現を使って楽しむ
対象年齢:幼児~小学校中学年
人数:4~10名程度



1 ジェスチャーゲーム

  導入:先生はクリスマスに関連のある表現を、ジェスチャーをしながら言い、表現の導入をしておきます。
表現例)
"go Christmas shopping"、"decorate the tree"、
"play with the toys"、"say, Merry Christmas!"、
"hang up the wreath"、"prepare Christmas dinner"、
"wrap the present"、"hide the present"、"open the present"
※先生はその表現にあった、わかりやすく楽しいジェスチャーを考えておきましょう。伝わりにくい場合は、最初、絵カードなどを示しながら、ジェスチャーをしてみてもいいでしょう。
進め方
1. 制限時間を決め、タイマーなどをセットしておきます。
2. 先生は生徒に対してジェスチャーを示し、そのジェスチャーの表す表現をあてさせます。
3. わかった生徒はその表現を大きな声で言います。
4. 次にその生徒は残りの生徒たちに別の表現のジェスチャーを示します。
5. 同様にゲームを続け、制限時間内でいちばん多くあてた生徒の勝ちとします。
表現例)
"I'll do a gesture and you tell me what it is."
"This time, you do the gesture and We say the word."


2 前置詞を使いこなそう!

導入:教室にあるものなどを指さしながら、生徒の知っている前置詞(on/in/under/byなど)の復習をします。また、絵やポスターなどを使ってクリスマスに関する単語の導入をしておきます。
進め方
1. 制限時間を決め、タイマーなどをセットしておきます。
2. 先生はあらかじめクリスマスに関するもの(ミニチュアのクリスマスツリーやトナカイなど)や絵カードを、部屋の中の適当な位置に置いておき、その場所を"Where's the wreath?"などと生徒に問いかけます。
※このとき生徒が知っている前置詞を使って答えられるように置き場所を工夫しましょう。
3. 生徒は"The wreath is in the box."のように答えていきます。制限時間内でいちばん多く見つけられた子が勝ちです。
表現例)
"The Christmas tree is on the table."
"The reindeer is by the window."
"The Christmas present is under the table."


Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 理系・医学の英語応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報

ページ先頭へ