英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

私たちの町

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)
    私たちの町
 

テーマ:自分の住んでいる町にある建物や場所の名前を英語で言えるようになる。
対象年齢:小学校低学年~高学年
人数:4~10名程度

※アクティビティで使う建物や場所の名前は、カードなどを使ってあらかじめ練習しておきます。



1 マップをつくろう!

用意: 模造紙またはA4程度の用紙(全員で1つのマップをつくる場合は、模造紙のような大きめの用紙を用意します)、クレヨンまたはサインペン、はさみ、のり、雑誌やチラシなどから切り抜いた建物や場所の写真
先生の
準備:
主要となる商店街や通りなどのフォーマット(白地図)を、あらかじめ用紙に描いて準備しておくとスムーズに進行できるでしょう。
進め方: 自分たちの住む町のマップをつくります。近所にどういう建物や場所があるかを話し合い、建物や場所の名前の単語を導入しながら、切り抜きの写真をはったり、直接絵を描いていきます。

2 タッチゲーム

進め方:

先生はマップにある建物や場所の名前を言い、生徒はタッチしていきます。質問の内容は、年齢や学習歴に応じて変えていきます。

質問例: Touch the fire station! / Where is the hospital? / Can you find the supermarket?

3 聞き取りゲーム

進め方:

先生はマップにある建物や場所について質問をし、生徒は答えます。

質問例: How many convenience stores are there on the map?
・Where can I get some orange juice and a cheeseburger?
 →(At) a fast-food restaurant.
・Where can you see elephants and penguins?
 →(At) the zoo.
・Where can you ride a seesaw or play on the swings?
 →(At) the park.

Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • クリスマスキャンペーン
  • 資格取得応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ