英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

反対語であそぼう![1]Touch Game

執筆 亀山千佳(Sunny Plumeria 英会話 主宰 児童英語インストラクター)
   

反対語であそぼう! [1]Touch Game

 

テーマ:形容詞の「反対語」のレベル別アクティビティ
対象年齢:小学校低学年~高学年
人数:4~10名程度
ゲームで使う反対語は、カードや身のまわりにあるものを使って練習しておきます。



1 先生の指示にあてはまるものを見つける

  進め方
1. 先生は、"Find something long."などと指示します。
2. 生徒は教室のなかで、先生の指示にあてはまるものを探してタッチします。
3. 生徒が「長いもの」を見つけたら、今度は "Now find something short." と指示を出して、反対にあたるものを探させます。

2 反対語が何かを考える

  進め方
1. まずは(1)と同様におこないます。
2. 反対にあたるものを問いかけるときに、"Find something (that is) the opposite of long. What is the opposite of long?"と発話して、long の反対語を生徒に考えさせます。
3. 生徒は "(It's) short." と答えてから、「短いもの」を探します。
発展:見つけられたものを "It's a long pencil." "It's a short pen." などのセンテンスで答えさせてみてもいいでしょう。

3 さわってみて形容詞を考え、発話する

  用意するもの
身のまわりにある反対語を表現できるもの(厚い本と薄い本、長いひもと短いひも、温かい飲み物と冷たい飲み物<缶入りのもの>など)、これらのものを入れる中身の見えない袋
導入:はじめる前に、このゲームで使う形容詞と、その形容詞を表現するものの関係を導入しておきましょう。
進め方
1. 用意したものを中身の見えない袋に入れておきます。
2. 生徒に袋の中を見せないようにして手を入れさせ、さわっているものを形容詞で表現させます。
3. 袋から取り出してセンテンスで言わせます。
発話例)"It's a long cord." "It's a short cord." など
4. 次にその形容詞の反対語を考えさせ、袋の中から該当のものを見つけさせます。


Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • クリスマスキャンペーン
  • 資格取得応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ