英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

クリスマス単語リレー

執筆 鶴岡京子(Kiddy CAT英語教室 千波さくら通り校)



クリスマス単語リレー



●○準備○● 
□人数:4~6人程度
□年齢:小学校中学年~高学年(アルファベットの導入がすんでいる子どもが対象)
□用意するもの:
・クリスマスにまつわる単語の絵カード(『子ども英語』12月号付録など)、
・ごほうびのキャンディやステッカーなど。
※発展の進め方では、絵カードの単語を構成するアルファベットの文字カードを2組。

●○導入○● 
□絵カードを使って、あらかじめクリスマスに関する単語とそのつづりを導入しておきます。
□クリスマスにまつわる単語の例:
present, Santa Claus, gingerbread man, reindeer, bell,
Christmas tree, angel, candle, star, sleigh, stocking,
candy caneなど。

ゲームの進め方 -基本編-
1.じゃんけんをして順番を決め、その子を先頭にして1列に並ばせる。

2.最初になった子どもは、黒板にはられた単語のなかから好きな単語を選び、"Christmas tree."などと発話する。

3.次の子どもは、最初の子どもが言った単語に自分の好きな単語を続けて"Christmas tree and candy cane."のように発話する。

4.次の子どもも同じように、自分より前の子が言った単語を順番どおりにすべて言ったあとに続けて、自分の好きな単語を発話する。
※順番があとになるにつれて、発話する単語がふえていくことになります。

5.途中でつっかえた子が負け。
※きちんと発話できた子にはそのたびにステッカーなどをあげることにします。
※何度も同じ子どもがつっかえることのないように、つっかえた子どもを順番の最初にするなどの工夫をしましょう。
※簡単に最後までいってしまう場合は絵カードを示さないでおこなってもいいでしょう。

ゲームの進め方 -発展編-
1.黒板にクリスマスにまつわる単語の絵カードを何枚かはっておく。

2.生徒を2チームに分ける。机を用意してその上に1.で用意した単語を構成するアルファベットの文字カードをそれぞれのチームごとに用意し、山にしておいておく。

3.先生は、黒板にはった絵カードの中から任意の単語を選び、発話する。

4.各列の先頭の子どもは、先生の発話した単語の最初の文字を山のなかから選び、黒板にはり付けて列に戻る。

5.次の子は2文字目を、その次の子は3文字目を山から選んで順にはり付けていく。

6.先に単語を完成させた列の勝ち。


Games & Activities トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 理系・医学の英語応援キャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報

ページ先頭へ