英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

高校英語授業改善 訳読OnlyからのTakeoff

高校英語授業を変える! Sherpaとは?

Sherpa

株式会社アルクは、東京学芸大学名誉教授の金谷憲先生のリーダーシップにより、2010年3月にプロジェクトを立ち上げました。
その名は、Sherpa(Senior High English Reform Project ALC)。 シェルパが登山家を頂上まで導くように、本プロジェクトも高校の先生方の手助けとなり、高校英語授業の改善に貢献したいと考えています。

本プロジェクトは主に、「高校英語授業のモデルパターン作り」(Sherpa1)と「従来と異なる切り口による大学入試問題の分析とそれに適した教材の提案」(Sherpa2)に分かれ、Sherpa1では、金谷先生を中心に高校での教授経験のある先生方と議論を毎週重ねながら3つの授業モデルを作成しました。

授業モデルの作成においては、音読や部分訳読などのさまざまな活動やトレーニングを、50分の授業にどう配置して効果を出すかという点や、それらが先生方の(授業順序などの)負担増にならないようにするにはどうすれば良いかという点を特に考慮。あらゆる環境に適応するモデルとして先生方にご提案します。

Sherpaが提案する3つの授業モデル

多くの高校の英語授業では、今だに文法訳読式が主流となっています。授業時間のほぼ全てを「内容理解」に費やすこの授業方式は、文科省が目指す「英語が使える力」の養成にも結び付きにくいのではないでしょうか。

Sherpaが提案するのは、「内容理解活動」に「定着活動」も取り入れた、以下の3つの授業モデルです。

モデル1:パラグラフ・チャート活用型授業  [担当:隅田朗彦先生(日本大学 准教授)]
モデル2:日本語サマリーを利用したTwo-way Translation活動  [担当:臼倉美里先生(東京学芸大学 講師)]
モデル3:縮約版を利用した2度読み  [担当:大田悦子先生(東洋大学 講師)]

モデル図

どのモデルも、各レッスンに割り当てられた想定学習時間内で実践できるように作成。また、教師が授業準備に多大な労力をかけたり、高度な授業運営能力を身に付けなければならない、ということがないよう、教科書やTeacher's Manualに掲載されている素材をフルに活用し、授業の流れ自体もシンプルにしてあります。

3つのモデルに共通する大きな特長は、授業のほとんどを占める文法訳読式での「内容理解」の時間を短縮し、空いた時間を「定着活動」に充てている点です(右図参照)。

▲ページトップへ

各授業モデルを実際に体感できる「Sherpa発表会」

「Sherpa発表会」 写真

Sherpaが提案する授業モデルは、各地で開催する発表会(セミナー)に参加された先生方からいただいたフィードバックを受けて、常にブラッシュアップしています。
訳読Onlyになってしまっている授業を、学年あるいは学校全体で変えたいと考えている先生は、ぜひ一度ご参加ください。

Sherpaでは、今後も各地で「訳読Onlyから脱却する」ための授業モデルを発表して、皆様のご批判をいただこうと思っています。

「Sherpa発表会」今後の開催予定

第17回 Sherpa発表会(長野)
「高校英語授業改善-訳読OnlyからのTakeoff」

日時: 2016年12月23日(祝)
場所: 長野県内(予定)
講師: 隅田朗彦先生(日本大学 准教授)
鈴木祐一先生(神奈川大学 助教)
臼倉美里先生(東京学芸大学 講師)
※お名前は講演順

過去の「Sherpa発表会」レポート

準備中

▲ページトップへ

Sherpaプロジェクト 出版物のご紹介

高校英語の授業マニュアル

「英語が使える生徒」を生み出す授業の仕方を学ぶマニュアル
『高校英語の授業マニュアル~訳読OnlyからのTakeoff~』

現在の教員養成課程では、「高校で英語を教えるための技術」を十分に学ぶことが難しくなっています。そのため、文法訳読式授業以外の授業の型(モデル)を知らずに、教壇に立つ教師も多いのではないでしょうか。
本書は「内容理解」中心の文法訳読式授業に「定着活動」を取り入れ、生徒の頭の中に英語が残るような授業の仕方を学ぶためのマニュアルです。全部で3つのモデルを紹介し、各モデルの時間配分、必要なツール、その制作方法や定期テストの問題例などを具体的に示しています。検定教科書を使い、Teacher's Manualの想定時間内で授業を進めながらも「英語が使える生徒」を生み出す授業を、本書を参考にぜひ組み立ててください。

●編著:金谷 憲(東京学芸大学 名誉教授)
●執筆:高山芳樹(東京学芸大学 准教授)、臼倉美里(東京学芸大学 講師)、大田悦子(東洋大学 講師)
●定価:1,300円+税
●対象:高校の先生、高校教員を目指す方

高校英語の授業マニュアルDVD

◆テキスト準拠のDVDもご用意◆
『高校英語の授業マニュアルDVD』

テキスト準拠のDVDには、3つのモデルの授業風景をダイジェストで収録。各授業モデルをより深く理解し、実際の様子を参照しながら授業を構想することができます。
また、活動指示のほとんどを英語で行っているため、「英語を英語で教える」ための参考にもなります。
一部のチャプターは、無料でこちらからご視聴いただけます。

●定価:10,000円+税 ※DVDご購入の場合、見本誌として『高校英語の授業マニュアル』を1冊差し上げます。

※テキスト・DVDは市販いたしません。
※見本誌請求対象外となります。ご了承ください。

上記テキスト・DVDのご購入は、件名を「Sherpa教材の購入」として、
1)先生名 2)学校名 3)所在地の都道府県 4)ご注文教材名とご注文数 をご明記のうえ、alc3@ndsnet.comまでお問合せください。

▲ページトップへ

Sherpaプロジェクト メンバー紹介



▲ページトップへ

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • 岩村圭南の「英語の筋トレ」
powered by アルクデータ提供:EDP 詳しくはこのアイコンをクリックしてください

ページ先頭へ