英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

英語学習アドバイザー 資格認定制度 English Study Advisors' Certificate(ESAC®)

英語学習アドバイザー資格認定制度とは?

English Study Advisors' Certificate (ESAC® イーザック

世界のいっそうのグローバル化を背景に、日本でも英語学習者が飛躍的に増大しています。書籍・通信講座・Eラーニングといった教材も、英会話スクール・学校教育・企業内研修といった学習の場も、ますます多様化しています。こうした複雑な環境のなか、学習者が効率的・効果的に学べるよう的確なアドバイスを行う、いわば「英語学習アドバイスのプロ」を求める声が高まっています。  

このようなニーズに応え、さらには「英語が使える日本人」の育成を目指して、適切・的確な英語アドバイスと学習者に応じたカウンセリング・メンタリングができる、プロの英語学習アドバイザーを養成・認定する制度として発足したのが、英語学習アドバイザー資格認定制度 です。

資格は、英語力およびアドバイス力・経験などにより、「ジュニア」から「マスター」までの4段階で認定されます。資格認定者は、大学等の教育機関や語学学校・留学相談機関、就職課、企業人事部 研修担当部門など、社会のあらゆる場面で活躍が期待されています。

 

資格の種類

レベル 説 明 定 義 資格の取得
ジュニア 英語学習アドバイスに関する基礎知識を備えている。 英語学習アドバイスに関する教材(書籍、DVD)で学習している。大学生協、書店等で英語教材の説明・販売をする際、学習した知識を生かすことができる。 申請資格 ●指定教材の学習
(TOEIC730点以上取得推奨)
審査方法 ●課題提出
更新手続 ●特になし
アソシ
エイト
自分の英語学習経験を踏まえ、適切なアドバイスが行える。 自分の学習体験を例に、適切な学習アドバイスが行える。英語学習アドバイスが主たる業務である場合の他、大学生協、書店等での英語教材販売員など英語学習周辺の仕事にも活躍の場が広がる。 申請資格 ●ジュニア資格を取得、
指定ワークショップ修了
●TSST/SST* レベル6以上
審査方法 ●出願書類
更新手続 ●4年に1度
プロ
フェッ
ショナル
プロの学習アドバイザーとして、即戦力として活躍できる。 高校や大学・語学学校・留学相談機関・企業などにおいて、対面授業・書籍・通信教育・Eラーニング等多様な手段・教材で学ぶ学習者のアドバイザーとして、活躍の道がさらに広がる。 申請資格 ●ジュニア資格を取得、
指定ワークショップ修了
●TSST/SST* 7以上
●英語学習アドバイス経験が
あること
審査方法 ●英文エッセー課題
●アドバイス実践レポート課題
●出願書類
更新手続 ●4年に1度
マスター 新たな学習アドバイザーの育成ができる。 英語力、指導力、社会経験の面で、英語学習アドバイザーとして最高の資格。一般学習者へのアドバイスはもとより、他の学習アドバイザーのアドバイザーとして、後進の育成を行う能力・知識・技能を備えていることや、複数の資格者をマネージメントする能力などが求められる。たとえば、セミナーで講師を担当したり、大きな英会話スクールや団体などのマネジャーとして複数のアドバイザーの指導に当たることができる。 申請資格 ●TSST/SST* 8以上
(ただし1年以内のスコア)
TOEIC900点以上
(ただし2年以内のスコア)
● プロフェッショナル資格者
として3年相当の英語学習
アドバイス経験があること
審査方法 ●実技テスト
(正規マスターとほぼ同様の
タスクを実施)
更新手続 ●4年に1度

* TSST/SST:アルクが開発した電話による英語スピーキング能力専門テストです。

TSSTの詳細はこちら

資格取得までの流れ

「ESAC®認定 英語学習アドバイザーコース」(テキスト&DVD)で自学自習

指定テキストの学習レポートとDVD視聴レポート各1題[全2題]を提出(提出先:ESAC事務局)
※TOEIC730点以上相当の英語能力を持っていることが望ましい

ジュニア・アドバイザー資格取得

「ESAC®認定 英語学習アドバイザー実践ワークショップ」に参加

開催は、夏/冬の年2回を予定。ワークショップの修了には以下A・Bの両方が必要です。
なお、ワークショップ参加の際は英語力・経験とも問われません。
※ジュニア・アドバイザー資格取得予定の方も参加可能です。


A:1日約6時間分のワークショップに2日間参加(アドバイスの実践練習)
B:課題提出(書面によるアドバイス/課題図書レポート/テーマレポート各1題[全3題])

「英語学習アドバイザー実践ワークショップ」修了証発行

<以後の資格申請には、下記3つが必要です>
1. ジュニア・アドバイザー資格証明書
2. 「英語学習アドバイザー実践ワークショップ」修了証
3. TSST/SSTのレベル証明

 

アソシエイト・アドバイザー資格を
取りたい

ESAC事務局へ願書提出(TSST6以上)

(年2回、3月~4月と9月~10月に
出願期間を設定)

結果送付

プロフェッショナル・アドバイザー資格を
取りたい

ESAC事務局へ願書提出(TSST7以上)

(年2回、3月~4月と9月~10月に
出願期間を設定)

結果送付

指定課題に取り組み

(アドバイス実践レポート2人分+英文エッセー)

結果送付

 

各種費用について(すべて税込)

指定教材『ESAC®認定 英語学習アドバイザーコース』: 64,800円 (60,000円+税)

「英語学習アドバイザー 実践ワークショップ」: 51,840円 (48,000円+税)  

(この他、課題図書を各自ご用意いただきます)

●TSST受験料:8,640円 (8,000円+税)

 

★TSST についてはこちらから
★再受講・再審査等の場合、ESAC事務局までお問い合わせください。
★本紙記載の研修講座受講料・各種申請料等は、2016年2月現在のものです。

 

マスター資格出願につきまして、 詳しくはESAC事務局にお問い合わせください。

 

認定カリキュラムの主な内容

1)英語学習アドバイスの目的と意義

  • 英語学習アドバイザー資格制度について知る
  • 英語学習アドバイスの意義と基本姿勢
  • 英語学習アドバイザーの役割

2)言語習得の理解

  • 言語習得のプロセス、メカニズム
  • EFL(English as a Foreign Language)について

3)英語教育の基礎知識

  • 日本の英語教育の現状
  • 英語教授法
  • 評価テスト

4)学習アドバイスの基礎知識

  • 学習理由と動機づけ
  • アドバイス方法の基本知識
    メンタリング/コーチング/ティーチング/カウンセリング

5)学習アドバイスの具体的なスキル

  • 学習者を知る
    学習目的を知る
    悩み・弱点・つまづきの原因を知る
    学習者との信頼関係構築/到達目標の設定
  • 学習プランの立て方
  • 学習プランにそった支援・アドバイスのポイント
  • 英語力レベル別アドバイス方法
  • 技能別アドバイス方法
    リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、ディベート、プレゼンテーション

6)学習アドバイスの実践

  • 学習アドバイスの実習体験ワークショップ
    模擬カウンセリングなど

 

制度概要

制度の正式名称

日本名:英語学習アドバイザー資格認定制度

英語名:English Study Advisors' Certificate  

略 称:ESAC® (イーザック) *「ESAC」は株式会社アルクの登録商標です

 

制度の目的

1.プロの英語学習アドバイザー資格の定義

2.プロの英語学習アドバイザー資格の認定

3.プロの英語学習アドバイザーの育成

 

資格付与機関

■ESAC 認定協議会

事務局をアルク内 【文教事業本部】 に設置
事務局長:平野 琢也

 

■認定委員会:ESACボード(50音順)

委員長:吉田 研作(上智大学言語教育研究センター教授・同センター長、J-SHINE*認定委員長)

委 員:金子 朝子(昭和女子大学教授)

委 員:長沼 君主(東海大学准教授)

委 員:藤田 保 (上智大学言語教育研究センター教授、J-SHINE 理事)

* 小学校英語指導者認定協議会(略称J-SHINE)
「小学校での英語教育の普及・発展を支援する」ために、特定非営利活動法人(NPO)として設立された、英語教育指導者の資格認定を行う団体です。

 

<ESACボードの役割>

1.プロの英語学習アドバイザー資格の定義

2.共通カリキュラムの策定

3.資格の認定/団体の認定

4.有資格者の育成への助言

 

お問い合わせ先

* ESAC®認定 英語学習アドバイザー資格制度および
「ESAC®認定 英語学習アドバイザーコース/実践ワークショップ」について

  株式会社アルク内・ESAC 事務局 → esac@alc.co.jp

 

* TSST について

株式会社アルク お客様センター → csss@alc.co.jp

 

英語スピーキングテストTSSTのご案内

電話による、スピーキングテスト

TSSTTSST(Telephone Standard Speaking Test)は、電話によるスピーキング(発話力)テストです。アルクは、対面インタビュー形式でスピーキング能力を測定するテスト=SST(Standard Speaking Test)を1997年に開発しました。TSSTは、このSSTを遠隔地においても受験可能にしたものです。

TSSTでは、日常的なことや仕事にまつわることを話題とした質問の膨大なデータベースからランダムに選択される10の質問に答えます。質問は日本語と英語で出題されますので、英語のリスニング力は問われません。

その時その場で何を言うかを考え、自分の知識を使って話を「創造する力」を総合的に評価します。テストは約15分、電話で24時間全国どこからでも受けられ、結果はウェブ上で確認できます。

なお、TSSTとSSTは同じ評価基準に基づいて評価します。同じ実力であればどちらを受けてもほぼ同じ結果が得られます。受験者のスピーキング力はレベル1からレベル9までの9段階でスコア表示され、各受験者のスピーキングの特徴に関するコメント、アドバイスが添えられますので、今後のレベルアップに具体的に役立てることが可能です。

 

※1. TSSTの詳細・お申し込みは以下のサイトをご参照ください。「レベル概要」のページでは、レベルごとのサンプル音声が聞けます。   → こちらから

※2.  ESACの「アソシエイト」以上の資格申請時に、TSST(またはSST)のスコアを提出が必須となっております。 ESAC事務局では、遠隔地在住の方でも指定の期間内であれば24時間自宅受験可能なTSSTの受験を推奨しております。

 

受験スケジュール・料金

実施期間:毎日24時間(ただし受験期間の指定がございます。)

申込締切:受験する週の前週

結果発表:受験した週の翌々週半ばころ(専用ウェブサイトにアップ)

受 験 料 :8,640円(8,000円+税)

TSSTのお申し込みはこちら

アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • エンジェルコースキャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ