英語の先生応援サイトLearning Teachers' & Advisors' Forum

  •  
  • 初めての方へ

Vol.8 意外とむずかしい名詞

 
執筆: 狩野晶子

今回のテーマ

Vol.8 意外とむずかしい名詞

英語では、男性形(雄)と女性形(雌)で呼び方が変わったり、親子で呼び方が変わったりする名詞があります。今回は親子で名称が変わるものを学びましょう。

問題

以下の動物の子どもの呼び方は何でしょう? 下の選択肢から選びましょう。

  • arabbit ――

  • bpig ――

  • cduck ――

  • dgoat ――

  • epolar bear ――

  • fgiraffe ――

  • gkangaroo ――

  • hchimpanzee ――

  • ifrog ――

  • jbutterfly ――

  •   tadpole  piglet  bunny  infant  caterpillar
      joey  calf  cub  duckling  kid


解答と解説を見る

解答
  • arabbit ウサギ ―― bunny
  • bpig ブタ ―― piglet
  • cduck アヒル ―― duckling
  • dgoat ヤギ ―― kid
  • epolar bear シロクマ ―― cub
  • fgiraffe キリン ―― calf
  • gkangaroo カンガルー ―― joey
  • hchimpanzee チンパンジー ―― infant
  • ifrog カエル ―― tadpole
  • jbutterfly チョウ ―― caterpillar
※地域や使う人によって違う言い方をする場合もあります。
解説

日本語では動物の子どもは頭に「子」をつけて表すことがほとんどですが、英語では親子でかなり呼び方が変わります。たとえばcatはkitten、dogはpuppyですね(puppyの短縮形pupはキツネ、オオカミの子などにも使われます)。abは絵本などでおなじみですね。cのduck-ducklingはgander/goose(ガチョウの雄雌)―gosling(ガチョウの子)と同じパターンです。ヒヨコはchickですが、鳥全般でも子どもの鳥をchickで表すことが多く、canary(カナリア)やpeacock(クジャク)、penguin、ostrich(ダチョウ)の子どももchickで表します。dのkidは、人間の子どもにもよく使いますが、もともとは「子ヤギ」の表現です。eのcubは食肉哺乳類の子でbear、lion、wolfの子どももcubです。fのcalfは「子ウシ」が一般的ですが、じつは大きな哺乳類全般に使われます。例えば、whale、elephant、hippopotamus(カバ)の子どももcalfです。gのjoeyは有袋類の子どもで、koalaもそうです。オーストラリアでは親しみをこめて人間の子どもにも使います。hは人間の幼児と同じ表現のinfant。gorilla、monkeyの子どももinfantです。人間に近いからでしょうか? ijは絵本などに出てきますね。こういう表現は案外子どもの方がよく知っているもの。英語の絵じてんなどで子どもたちと一緒に楽しんで学んでみましょう。


英語力ブラッシュUP! やりなおし英文法 トップへ


アーカイブ素材検索

イベントカレンダー

 

 

求人情報

  • エンジェルコースキャンペーン
  • 新ユメタンiosアプリ
  • 新着&更新コンテンツ
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • 子どもの英語 今知っておきたいこと
  • ESAC新連載
  • 英語4技能資格・試験情報
  • 英語の先生向け アルク選書の紹介

ページ先頭へ